HOME » 時計塔の歴史
  • 会社概要
  • 企業倫理
  • 採用情報
  • 関連会社
  • 時計塔の歴史

時計塔の歴史

初代時計塔
初代時計塔

竣工当時の服部時計店
竣工当時の服部時計店

1階売場
1階売場

現在の時計塔は二代目にあたります。初代時計塔が完成したのは明治27(1894)年。 和光の前身である服部時計店の創業者、服部金太郎が、銀座4丁目交差点角地の朝野新聞社屋を 買い取り、増改築の末に、明治28(1895)年1月、服部時計店はこの新店舗で営業を開始しました。

その後、大正の好況期に入り、建て替えが計画されたものの、 大正12(1923)年の関東大震災により建設を中断。再開されたのは昭和4(1929)年末になってからのことでした。

現在の時計塔は昭和7(1932)年6月に竣工しました。ゆるい弧を描いた優雅な曲面で4丁目の交差点を見下ろすように建つこの建物の様式は、ネオ・ルネッサンス様式と呼ばれています。塔の高さは9メートル、その上に8メートルの尖塔と避雷針が付いています。四方にある文字盤は正確に東西南北を向いており、直径は2.4メートル、長針は1.17メートル、短針は0.75メートルあります。建物の外装材は、大震災直後ということもあり、火災や地震を考慮してすべて天然石が使われました。また、時計塔の文字盤の下や建物の窓部分には、ブロンズのアラベスク(唐草)の繊細な透かし模様の装飾などがあしらわれ、店内の壁面にはイタリアから輸入された大理石が使われました。

昭和初期のモボ・モガで賑わった銀座にも、次第に戦争の影が差し、昭和20(1945)年マッカーサー元帥率いる連合軍の進駐が始まると同時に、時計塔の建物はP.X.(POST EXCHANGE)として接収されました。そのさなかの昭和22(1947)年4月に服部時計店の小売部門の業務を継承して株式会社 和光が設立され、銀座5丁目の仮営業所で営業が始まりました。P.X.としての接収が解除された昭和27(1952)年12月、現在の和光本館での営業を開始しました。これを記念して、ショーウインドウのデザインを当時の気鋭のデザイナーが競作し、話題を呼びました。以後、和光のショーウインドウは、「銀座の顔」として世界的に有名になりました。

昭和29(1954)年6月10日「時の記念日」からは、ウエストミンスター式チャイムの音が鳴り響くようになりました。錘巻上げ式だった時計の動力部分も昭和41(1966)年には、時代を先駆けるセイコー・クオーツ水晶発振式のムーブメント(機械体)に取り換えられ、その後も技術の向上に合わせ、高精度のムーブメントを導入しています。現在、時計塔のチャイムは、正時になる45秒前からウエストミンスター式チャイムが鳴り、その余韻の後に響く第1打が正時をお知らせしています。

このように、銀座の街を見守ってきた和光の時計塔。銀座を象徴するこの建築遺産を次の世代へ継承していくために、平成20(2008)年、和光本館を約300日間閉館し、建物の補修、整備のほか、石造りの外壁を洗浄、修復し、また店内も一部バリアフリー化するなど、より多くのお客様に快適に過ごしていただけるよう改装しました。平成21(2009)年には、経済産業省が日本の産業近代化に大きく貢献した建造物や機械などについて、その保存、活用を目的に認定する「近代化産業遺産」に認定されました。和光は、これからも銀座のシンボルとして、多くの方々から愛される「和光の時計塔」の維持に努めていきたいと考えております。