閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

河上恭一郎 ガラスの世界 ―ガラスに魅せられて半世紀―

  • 2010年9月16日(木) ~ 2010年10月3日(日) 9月19日(日)、20日(月)、23日(木)、26日(日)休業
  • 10:30~18:00(最終日は17:00まで)

羅漢像 16×26×高さ54~68cm(台座を含む)
羅漢像 16×26×高さ54~68cm(台座を含む)

人を結び、心を映す、多彩な煌めき

 何かを語りかけてくるかのような慈愛に満ちた双眸。一体一体、個性的なその表情からは、豊かな情味と不思議な懐かしさも感じられる。現代を代表するガラス作家、河上恭一郎氏による羅漢像。「アトリエ近くの古寺にある六地蔵を見ていて、沸々とわき出てきた気持ちを表現したいと思ったのです」と、にこやかに語る河上氏。折しも氏の脳裏に浮かんだのは、今から48年前に感銘を受けた、兵庫県加西市の北条五百羅漢。両者が時空を超えて結びつき、見る者の心を癒してくれるガラス像が誕生した。素朴でぬくもりのある肌合いが、光を複雑に吸収・屈折させ、神秘的な効果を醸している。
 和光では4年ぶりに開催される今回の個展は、河上氏の50年にわたる創作活動の集大成と言うべき内容となる。20数体の羅漢像のほか、氏がライフワークとする、日本人の感性に合った食器・花器・茶器の数々をはじめ、色ガラスを炉で溶かして絵画のように表現する「HORIZON」シリーズ約20点も出品される予定だ。
 加えて注目したいのは、河上氏のクリスタルガラス作品に、草月流家元と3名のいけばな作家が、3日ずつ交互に花を生ける共同創作。「用意したのは花器というより、いけばな作家と感性のやりとりを楽しむためのオブジェ。それぞれの表現との出合いがとても楽しみです」。こうした出合いの面白さは、食器についても同じことだという。「器を使って、どのような料理で魅了してくれるのか。そんな“感性のキャッチボール”が、刺激や励みになるのです」。喜寿を迎え、さらに円熟味を加えつつ、ますます創作意欲を高める河上氏。遊び心あふれるその世界と、心を通わせてみるのもいいだろう。

◆会期中、会場にて河上恭一郎氏によるギャラリートークを予定しております。
 9月18日(土)・25日(土) 各日ともに14時~

河上恭一郎(かわかみ・きょういちろう)

1933年 市川市に生まれる
1956年 東京藝術大学工芸科卒業
1956~63年 松下電器産業株式会社に勤務
1963~86年 株式会社保谷硝子に勤務
1987年 以降フリー
1965~66年 JETRO海外デザイン研究員としてスウェーデン、フィンランドに留学
1979年 New Glass A World Survey展入選、作品買上げ(アメリカ・コーニンググラスミュージアム)
1979・91・
2000・06年
 和光ホールにて個展
1980年 「現代ガラスの美・ヨーロッパと日本」に出品(東京および京都国立近代美術館)
1986年 「日本のガラス300年 江戸から現代まで」に出品(サントリー美術館)
1991年 「能登島グラスアート・ナウ」に出品(石川県能登島ガラス美術館)
1999年 「日本のガラス2000年 弥生から現代まで」に出品(サントリー美術館)

展覧会の一覧に戻る