閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

日展110年記念 美の魁け-日展の現代(いま)-

2017年10月20日(金)

~

2017年10月29日(日)

今後の展覧会

     

    閉じる

    お問い合わせ

    お問い合わせ受付時間:
    10:30~19:00

    休業日:
    年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

    お品・サービスに関するお問い合わせ

    オンラインストアに関するお問い合わせ

    展覧会のご案内 / 和光ホール

    井上康徳白磁展 ─作陶30周年記念─

    • 2011年9月17日(土) ~ 2011年9月24日(土)
    • 10:30~19:00(最終日は17:00まで)

    「白磁青釉線刻文花器」 径52.5×高さ22.5cm
    「白磁青釉線刻文花器」 径52.5×高さ22.5cm

    継承した技で白磁の新たな可能性に挑む

     海を想起させるような青釉の濃淡と、貝殻のごとく光沢をたたえた白磁へのなだらかな階調。繊細な彩釉と律動的なフォルムを融合させた「白磁青釉線刻文花器」は、現代感覚に富む作品である。

     井上康徳氏は、白磁の重要無形文化財保持者(人間国宝)・井上萬二氏の長男に生まれ、卓越した轆轤(ろくろ)技を父から継承し、伝統的技法を礎としながらも自分なりの白磁表現を追求してきた。近年、波文や青釉による独自の作風を確立し、評価は年々高まっている。

     轆轤を挽くこと、即ち、それは円の造形を意味する。円の造形からいかに新たな造形へと発展させていくかが当面の創作主題だと氏は語る。「受け継いで残すのは技術だけでいい。感覚は新しくしなければいけませんから」。

     今回の個展は、康徳氏にとって、作陶30周年という大きな節目を祝う記念展。学生時代から父の個展を手伝い、長年通い慣れた和光ホールで、初めてお披露目をする意義は大きい。本展では、轆轤技を基本としながら造形にこだわり、白磁の美しさを損なわないよう最小限に色釉がほどこされた作品群──波文を多彩に展開させた丸壺をはじめ、花器、鉢、皿、香炉など、清麗な100余点が展覧される。また30周年記念作品として、端正なフォルムの花器、三角形モチーフの皿が出品されることも一興であろう。

     6月の父・萬二氏に次いで、満を持して開催する今回の個展。今後、父子競作の楽しみもあるだろうが、康徳氏のこれまでの集大成と、これからの可能性が交錯する、記念展にふさわしい内容となることは間違いない。

    ◆会期中、会場にて井上康徳氏によるギャラリートークを予定しております。
     9月19日(月)14:00~

    井上康徳氏のウェブサイトはこちらから

    井上康徳(いのうえ・やすのり)

    1958年 佐賀県有田町に生まれる
    1981年 成蹊大学工学部卒業後、父・井上萬二に師事、陶芸の道に入る
    1983年 日本伝統工芸展初入選(以後21回入選)
    1988年 西部工芸展 朝日新聞社金賞受賞
    1990年 日本工芸会正会員となる
    1995年 一水会会員となる
    1997・2001年 一水会会員優賞受賞
    1997・2003・
    05・09年
     日本陶芸展入選
    1998年 国際交流基金作品買い上げ
    1999・2001・
    03・05・07年
     和光・アートサロンにて個展
    2000年 西部工芸展 正会員賞受賞
    2007年 西部工芸展 日本工芸会賞受賞、佐賀新聞文化奨励賞受賞
    2009年 和光並木ホールにて個展
    2011年 西部伝統工芸展 朝日新聞社大賞受賞


    展覧会の一覧に戻る