閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

華やぎの陶-7人の女性陶芸家による表現-

2017年9月22日(金)

~

2017年10月1日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

伊東久重御所人形展 ─慈しみのこころ─

  • 2011年11月11日(金) ~ 2011年11月19日(土)
  • 10:30~19:00(最終日は17:00まで)

品格ある御所人形たちに家族への思いを込めて

 純粋無垢な純白の肌、弾けんばかりの体に、愛らしさを宿した童の姿。御所人形は、江戸時代より朝廷の慶事に飾られ、公家や大名家に下賜されてきた。明和4(1767)年に天皇より「有職御人形司伊東久重」の名を拝領し、継承してきた当家の十二世伊東久重氏が和光で2年ぶり、10回目の個展を開催する。

 今回は、肩車やおんぶしている姿の親子や兄弟など「家族の絆」を主題にした新しい作風の人形が出品される。三頭身の御所人形はバランスをとるのが難しく、二体の組み合わせは初の試みとなる。御所人形で大人を表現するのも初めてのこと。今、新たな試みに挑むのは、人と人との絆や家族に対する強い思いがあったからという。職住一体で、子供の頃は工房が遊び場だった久重氏。仕事が終わると、病弱だった父に代わり、祖父がおんぶや肩車をして市電を見せに連れていってくれた。その温かな背中の思い出が「人形師としての私の原点なのです」と語る。時は移り、現在は久重氏が孫を背負う番となった。

 伊東家の御所人形は、30年以上乾燥させた桐を用い、彫り、30回に及ぶ胡粉(ごふん)の塗り、磨きまで、1年がかりで制作する木彫法による。今回は、古い和紙を貼り重ねた一閑張(いっかんばり)法の動物を加えて、正月や節句飾りにふさわしい創意性にあふれた作品が出品される。

 さらに木地に胡粉を盛り付け、平安時代の十二単(じゅうにひとえ)の色使いで彩色した「高盛金彩絵(たかもりきんさいえ)」の飾筥など、あわせて60余点の展観となる。

 人形作りは、衣裳の手縫い、小道具作りなど、久重氏の家族が心をひとつに支えている。今回は、長男・建一氏の作品も加わり、まさに家族の絆が奏でる、慈しみの心に満ちた会となるだろう。

◆会期中、会場にて伊東久重氏によるギャラリートークを予定しております。11月13日(日) 14時~

御所人形「肩車」 高さ29cm御所人形「肩車」 高さ29cm
胡粉高盛金彩絵「吉祥羽子板」 高さ57cm胡粉高盛金彩絵「吉祥羽子板」 高さ57cm

伊東久重(いとう・ひさしげ)

1944年 有職御人形司伊東家の長男として京都に生まれる
 同志社大学在学中より本格的に人形制作の道に入る
1978年 有職御人形司十二世伊東久重を継承
1984・87・89・94・97・
2000・03・06・09年
 和光にて個展
1985年 科学万博・つくば'85の日本歴史館にて個展
2000年 京都、静岡にて「十二世伊東久重御所人形の世界」展
2004年 ウィーンにて「日本の伝統の技と美・伊東久重御所人形の世界」展
2005年 福岡にて「十二世伊東久重御所人形の世界」展
2009年 佐川美術館(滋賀県守山市)にて
 「宮廷の雅─受け継がれし入神の技─ 十二世伊東久重御所人形の世界」展
現在、同志社女子大学非常勤講師

展覧会の一覧に戻る