閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

Sense of Wonderworks New Jewelry Exhibition

  • 2013年3月29日(金) ~ 2013年3月31日(日)

ジュエリーといえば宝石や貴金属を思い浮かべますが、近年、その表現の自由度は広がっています。手染め糸、アンティークビーズなど素材もさまざまに、日本の伝統技術や手芸のテクニックなどを用いて作り手が独自の感性でアレンジし作り出す幅広い表現のニュージュエリー。今展では、ジャンルを問わずに活躍する新鋭のジュエリー作家およびデザイナー26組による作品をご紹介いたします。コンテンポラリーアートのようなモダンなデザインや、ロマンティックで繊細なもの、手作りの温もりを感じさせる作品など、自由な発想から生まれる新鮮なジュエリーが一堂に会し、個々のデザイナーが会場で作品への思い入れを語ります。
多彩な個性が集結するこの機会に、心に響く1点を探してみてはいかがでしょうか。

◎各日、合計で税込31,500円以上お買上げいただいた方先着30名様に「cookieboy製 時計塔クッキー」を差し上げます。

◆bororo 宝石研磨体験のご案内◆
世界中から集めた原石の中からお好きな石で、ご自分だけの18金のジュエリーをお作りいただけます。熟練の職人と一緒に研磨し、仕上がったジュエリーは後日店頭にてお納めいたします。
日時:3月30日(土)・31日(日)
    各日ともに10:30~、11:30~、13:30~、14:30~、15:30~、17:00~、18:00~(予約制)
    参加料(石代含む):15,750円~     予約受付・お問い合わせ 美術部 (03)3562-2111<代表>

《作家からのメッセージ》
AFLO+

AFLO+
作品の多くは京都・帯屋の絹糸、織布を素材にし、色彩や質感を生かして編む、縫う、刺繍することで仕上げます。身に着ければアクセサリー、部屋に飾れば小さなオブジェ。そんな風にいつもそばに置いていただけるとうれしいです。
◎「時計塔」からイメージを膨らませて制作した和光限定のブローチをご用意いたします。

ETSUKO SONOBE

ETSUKO SONOBE
ジュエリーは着けて初めて完成されるものですので、その余地を残しておくために必要最小限の構成で制作しています。グリーントルマリン、ファイアオパールの指輪は爪を使わずにセットしました。ブローチはピンを留める方向により、違う表情が楽しめます。きらきらした宝飾品ではありませんが、着ける方のセンスで光ります。

jung jung

jung jung
糸を染めるところから仕上げまですべての工程を1人で行っています。私の作品は「自分が欲しいもの」。なるべく糸を切らずに、1本の糸から編み出す無理のない形を探し求めます。編み図も残さないので同じものはひとつもありません。どんな方の元にたどり着くのだろうといろいろ想像しながら、毎日、かぎ針を動かしています。

SIRI SIRI

SIRI SIRI
ブランド名は「鎖」を意味するスワヒリ語に由来しています。既成概念に縛られず、自分の美意識に忠実に独自のスタイルを貫きたい方に着けていただきたいと思います。ガラスやラタンを用い、現代的な空気感を持つジュエリーですが、工芸技術や伝統美も大切にしています。身に着けていただき、さりげないモード感と日本のエッセンスをご実感ください。

Moko Kobayashi

Moko Kobayashi
オートクチュール刺繍のかぎ針技法を用いています。材料はサイズ、色にこだわってフランスで直接買い付けたもの。私のアクセサリーを通じて自然と会話が始まるような作品を目指しています。普段は出品しないポーチやコサージュなどの小物もお楽しみいただけます。

◎ビーズ刺繍の実演を行います。
3月30日(土)・31日(日) 各日ともに14:00~16:00

出展ブランド(アルファベット順・敬称略)

AFLO+、bororo、ETSUKO SONOBE、himie、itoatsuko、jung jung、kataoka、Kazuko Mitsushima、Môko Kobayashi、naho kamada、ON ZA LINE、PENTA、PLANT/PLANT、Rubus、SIRI SIRI、talkative、tmh.、tortue、WATARU YAMAZAKI、Yoriko Mitsuhashi、Zelkova.K
[海外]Annelies Planteijdt、Bettina Speckner、Felieke van der Leest、Karl Fritch、Philip Sajet

展覧会の一覧に戻る