閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

写真展─伊勢神宮 式年遷宮─ 撮影/三好和義

  • 2013年11月13日(水) ~ 2013年11月18日(月)
  • 10:30~19:00(最終日は17:00まで)

「1300年間も継続されている式年遷宮。その厳かな雰囲気を、写真を通して感じてほしい」

「遷宮に立ち会うという体験を通して、継承することの大切さを実感しました。そこには伝統を守り続ける日本人の誇りが見えました。日本文化の最高のものを伝承するのだという、大工さんの意気込みに圧倒されることも、しばしば。その思いが伝わるような写真展にしたいと考え、撮影しました」。
神宮の内宮、外宮などのお建物計65棟に加えて、御装束神宝に至る、神事に関わるすべてが、新調される「式年遷宮」。
伊勢に居を構えてまで、今回の撮影に臨んだ三好和義氏。若き日より「楽園」をテーマに追い求める写真家の、一つの結実が今回の写真展。信仰と自然が一体となる、日本人の心の原点に触れることができます。
◎展示作品は、変更になることがあります。

伊勢神宮 式年遷宮

20年に一度の大祭、神宮式年遷宮。正殿をはじめ、御垣内の建物すべてを新造します。殿内の御装束、神宝もすべて新調して、神儀(御神体)を新宮へお遷しする、最も重要なお祭り。第62回遷宮は、平成16年の御聴許から準備が進められ、立柱祭、上棟祭など、多くの祭りが執り行われます。上は檜の色も清々しい、真新しい内宮正殿。

三好和義(みよし・かずよし)

1958年 徳島県に生まれる
1981年 東海大学文学部広報学科卒業
1986年 写真集『RAKUEN』で木村伊兵衛賞を当時最年少で受賞
以来「楽園」をテーマに世界中で撮影
2000年 写真集『屋久島』を出版、初めて和光ホールで写真展を開催
以降、ヴェルサイユ、四国八十八ヶ所、仏像、京都の御所と離宮をテーマにした写真展を和光ホールで開催している
ユネスコからの依頼で撮影した『日本の世界遺産』は、現在も世界中で巡回中

展覧会の一覧に戻る