閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて

2017年7月21日(金)

~

2017年7月30日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

蒼山日菜レース切り絵展

  • 2014年6月20日(金) ~ 2014年6月29日(日)
  • 10:30~19:00(最終日は17:00まで)

『蝶1』(50×50cm<額サイズ>)

『蝶1』(50×50cm<額サイズ>)

1枚の紙から生み出される緻密で優美なモノクロームの世界

幻想的で独創性溢れる切り絵の作品で知られる蒼山日菜さん。和光では初めてとなる個展で、美しい「レース切り絵」の世界がお目見えします。
蒼山さんと切り絵との出合いは、当時在住のスイスに近いフランスで友人に推められてのこと。「いくつかの図案の中から選んだのは小さな鹿だったのですが、それを写してハサミで切って…。すっかり楽しくなってしまい、2作目からは自分で絵を描いて切り始めました」。以来、作品はすべてご自身のデザインです。その後、卓越した技術が見出され、ヨーロッパで数多くの受賞を重ね、高い評価を得ています。
今回の個展では、人気の定番モチーフ『蝶』『妖精』『花』などを中心に、大作から小さな作品まで、60点余が展示されます。
「『蝶』は、私の作品によく登場するモチーフですが、そこには、“研究以外の目的で命を奪わず、私の切り絵で楽しんでください”という思いがあります。『鹿』も同じで、むやみに命を奪わないで欲しいという願いを表現したつもりです」。
基本的に、作品にタイトルをつけないという蒼山さん。どの作品にも、観る方が“それがなんなのか、どんな色なのか”自分の中で感じたものを持ち帰って欲しい、との思いが込められています。
「会場も、ただ展示するだけではなく工夫して、新鮮でいて落ち着ける癒しの空間にしたいですね」。
会場全体に広がる蒼山さんの世界。アートな時間が流れます。

◆会期中、会場にて蒼山日菜さんによるギャラリートークを予定しております。
日時:6月21日(土)14:00~

◆会期中、蒼山日菜さんによる切り絵教室を開催いたします。
日時:6月24日(火)13:30~15:30
場所:和光本館
参加費:税込¥7,000
定員:40名(先着順にてご予約を承ります)
ご予約・お問い合わせ:美術部(03)3562-2111

蒼山日菜(あおやま・ひな)

1970年 横浜市に生まれる
2000年~ 切り絵制作を始め、在住するヨーロッパで高い評価を受ける
2006・07年 カンヌ国際展示会「アートと世界の文化展」グランプリ・インターナショナル 金メダル受賞
2007年 トリエンナール・パルメ・グランプリ・フランス 外国人部門 銀メダル受賞
Honfleur France コンテンポラリーアート展覧会優秀賞受賞(総合2位)
2008年 第6回トリエンナール・ペーパーアート・インターナショナル展示会グランプリ受賞(CHARMEY美術館・
スイス)
2009年 『ニューズウィーク日本版』「世界が尊敬する日本人100人」に選出される
2012年 蒼山日菜レース切り絵展「光は花に非ず」(高台寺・京都)
長年の在仏生活に一区切りをつけ、現在は東京在住

展覧会の一覧に戻る