閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

  • 2017年4月1日(土) ~ 2017年4月16日(日)
  • 最終日は17:00まで

昨春、ご好評をいただいた重要無形文化財保持者(人間国宝)による展覧会を今年も開催します。最高の技によって至高の美を生み出す、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形といった日本の工芸分野を代表する41名が、今の時代に即した新たな価値観に拠って立つ作品を展示します。
今展に臨む思いを出品作家のおひとりである木工藝作家の須田賢司氏に伺いました。
「日本における工芸はまず実用として存在し、そのうえで『美しきもの』『めでたきもの』だったのです。たとえば尾形光琳の『燕子花図』は今でこそ「絵画」に分類されていますが、まずは屏風という調度、そこに付けられた模様が鑑賞の対象になったという具合。昨今ユニバーサルデザインが強調され、誰にでも使いやすいことが求められますが、私の目指す工芸はその対極で、美を第一に、使うときには多少心得を必要とするのですが、そのひと手間に楽しみがあると思っています」。
今展では、伝統を踏まえつつも自由な発想で作られた大作から、日々使うことで工芸を身近に感じていただける小品までが一堂に会します。会場の一角には須田氏が作ったウォールナットの大テーブルと染織や陶芸、金工の作品とのコラボレーションが実現し、暮らしの中で使う場面を想像できる展示も行われます。「使うものの中に美を見出し、それを暮らしに取り込んできた。それこそが工芸であり、日本の美の本道。そんな世界観も多くの人に知ってほしいと願っています」と須田氏。
3年後にオリンピック・パラリンピックを控え、ますます注目が高まる東京・銀座で、幅広い世代の方、そして海外からのお客様にも、日本の工芸文化の素晴らしさに気づいていただけるきっかけになる展覧会です。

ギャラリートーク
出品作家によるギャラリートークを予定しております(各日14:00~)。
4月1日(土)前田昭博さん(陶芸)
4月2日(日)増村紀一郎さん(漆芸)
4月8日(土)桂 盛仁さん(金工)
4月9日(日)土屋順紀さん(染織)
4月15日(土)藤沼 昇さん(木竹工)

陶芸 前田昭博「白瓷扁壺」

陶芸
前田昭博

「白瓷扁壺」(磁土、径20.2×高さ26.2㎝)

染織 平良敏子 芭蕉布九寸帯地 

染織
平良敏子

芭蕉布九寸帯地 「 黄地絽織三色花織 キージロウイミイロハナウイ 」(手績み芭蕉糸、植物染料〈総て沖縄産〉)

漆芸 前 史雄「輪島塗 沈金 游鳥 棗」

漆芸
前 史雄

「輪島塗 沈金 游鳥 棗」(桧、金粉、金露玉、径7×高さ7㎝)

金工 魚住為楽「砂張銅鑼」

金工
魚住為楽

「砂張銅鑼」(銅、錫〈鋳造〉、銅鑼架〈欅材〉、径24㎝)

木竹工 須田賢司「楓造拭漆連子文箱」

木竹工
須田賢司

「楓造拭漆連子文箱」(楓、黒柿、レースウッド、20.6×9.2×高さ17.8㎝)

人形 秋山信子「里神楽」

人形
秋山信子

「里神楽」(木芯桐塑布木目込み和紙貼り、高さ23㎝)

出品作家一覧(敬称略・分野別五十音順)

陶芸 伊勢﨑 淳(いせざき・じゅん) 備前焼
伊藤赤水(いとう・せきすい) 無名異焼
井上萬二(いのうえ・まんじ) 白磁
今泉今右衛門(いまいずみ・いまえもん) 色絵磁器
加藤孝造(かとう・こうぞう) 瀬戸黒
鈴木 藏(すずき・おさむ) 志野
原 清(はら・きよし) 鉄釉陶器
前田昭博(まえた・あきひろ) 白磁
吉田美統(よした・みのり) 釉裏金彩

染織 北村武資(きたむら・たけし) 羅、経錦
小宮康孝(こみや・やすたか) 江戸小紋
佐々木苑子(ささき・そのこ) 紬織
志村ふくみ(しむら・ふくみ) 紬織
鈴田滋人(すずた・しげと) 木版摺更紗
平良敏子(たいら・としこ) 芭蕉布
土屋順紀(つちや・よしのり) 紋紗
福田喜重(ふくだ・きじゅう) 刺繡
村上良子(むらかみ・りょうこ) 紬織

漆芸 大西 勲(おおにし・いさお) 髹漆
北村昭斎(きたむら・しょうさい) 螺鈿
小森邦衞(こもり・くにえ) 髹漆
中野孝一(なかの・こういち) 蒔絵
前 史雄(まえ・ふみお) 沈金
増村紀一郎(ますむら・きいちろう) 髹漆
室瀬和美(むろせ・かずみ) 蒔絵
山下義人(やました・よしと) 蒟醬

金工 魚住為楽(うおずみ・いらく) 銅鑼
大角幸枝(おおすみ・ゆきえ) 鍛金
奥山峰石(おくやま・ほうせき) 鍛金
桂 盛仁(かつら・もりひと) 彫金
田口壽恒(たぐち・としちか) 鍛金
玉川宣夫(たまがわ・のりお) 鍛金
山本 晃(やまもと・あきら) 彫金

木竹工 勝城蒼鳳(かつしろ・そうほう) 竹工芸
川北良造(かわぎた・りょうぞう) 木工芸
須田賢司(すだ・けんじ) 木工芸
藤沼 昇(ふじぬま・のぼる) 竹工芸
村山 明(むらやま・あきら) 木工芸

人形 秋山信子(あきやま・のぶこ) 衣裳人形
林 駒夫(はやし・こまお) 桐塑人形

展覧会の一覧に戻る