閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

華やぎの陶-7人の女性陶芸家による表現-

2017年9月22日(金)

~

2017年10月1日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

和光70年記念 リモージュボックス展─リモージュ街めぐり─

  • 2017年5月4日(木) ~ 2017年5月14日(日)
  • 最終日は17:00まで

艶やかな光沢と、繊細な絵付けで愛されるリモージュの磁器は、18世紀にフランス南西部のリモージュ地方で、磁器制作の主原料であるカオリンの地層が発見されたことに始まります。初期のリモージュ磁器は美しい白地が特徴でしたが、やがて釉薬で繊細な絵付けをし、再び窯で焼くリモージュのスタイルが確立していきました。
当時フランスはもちろん、ヨーロッパの王侯貴族を魅了したリモージュの磁器は、その優雅なライフスタイルに欠かせないものとなっていったのです。そうした中で生まれたのが、当時、ヨーロッパ貴族の間で流行した“かぎ煙草”を入れる小さなケースとして作られたリモージュボックスです。やがてリモージュボックスは、砂糖菓子を入れるボンボニエール、刺繍針入れと、優美を愛する女性に無くてはならないおしゃれな小物となっていきました。手のひらに載る小さなリモージュボックス。それはエレガントなフォルム、鮮やかな色、緻細で美しい絵付け、教会のステンドグラスの金属の溶接技術にヒントを得たという蓋の留め具など、魅力は多岐にわたります。
今回の催事では、和光創立70年を記念して、ご好評をいただいている和光本館をモチーフとしたボックスの、初代から新作のクリスマスバージョンまでや、植物や動物、フルーツをはじめとする食べ物など、あらゆるジャンルをモチーフにした約3000点のお品に加え、大型ボックスも特別にご用意します。
また、18世紀当時のアンティーク作品も陳列し、現代に続くリモージュボックスの歴史をご紹介します。

パトリック・オドヴァール氏による実演のご案内
実演期間中に、お求めいただいたボックスに、パトリック・オドヴァール氏がお名前やメッセージをお入れします。
◎約30分後にお渡しする予定ですが、混雑時は少しお時間をいただく場合がございます。
5月4日(木)~14日(日)(5月10日(水)は除く) 各日 10:30~12:00、13:30~16:00、16:30~18:00

特製リモージュボックスをプレゼント
税込¥54,000以上お買上げの方、先着100名様へ、今展のためにご用意した特製ボックスをプレゼントいたします。

和光70年記念 リモージュボックス展─リモージュ街めぐり─

大型ボックス
税込¥648,000(磁器、約25×50×高さ25㎝)

リモージュボックス
1:税込¥28,080(5×5×高さ3.5㎝)
2:税込¥28,080(4×5.5×高さ3㎝)
3:税込¥28,080(4.5×6.5×高さ3㎝)
4:税込¥28,080(径5×高さ3.5㎝)
5:税込¥25,920(3.5×5×高さ3㎝)
6:税込¥28,080(径4.5×高さ3㎝)
7:税込¥28,080(5×6.5×高さ4㎝)
8:税込¥25,920(4×5.5×高さ3㎝)
(いずれも磁器)

展覧会の一覧に戻る