閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

鈴木三成陶芸展

2019年10月16日(水)

~

2019年10月22日(火)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

金澤翔子展―魂の書・共に生きる―

  • 2019年8月23日(金) ~ 2019年9月1日(日)
  • 最終日は17:00まで

NHKの大河ドラマ『平清盛』で題字を担当したことでも知られる書家・金澤翔子さんの和光で初となる個展を開きます。
「元気とハッピーと感動を伝えたくて、心を込めて書きました」とおっしゃる金澤さん。今展のテーマは、ライフワークにもなっている『共に生きる』。
翔子さんの母で書家の泰子さんが言葉を継いでくれました。「東日本大震災の時にテレビを観ていた翔子が『私も助けに行く』と涙を流しながら言ったんです。できないことも多いけれど、彼女の心はいつでも、どんな人とも、あらゆる自然、動物や植物と共にあるのです。それが『共に生きる』ということではないでしょうか」。
今展は大作の屏風や軸装、額装など新作を中心に八十余点の展観です。
「翔子の書を観て、涙を流してくださる方がいらっしゃいます。彼女は平和や愛の思いだけで生きています。だからきっと、みなさんに感動していただけるような字が書けるのでしょう」。
翔子さんの書と向き合えば、その無垢な魂との交流が叶うかもしれません。

協賛:王子ファイバー株式会社

◎金澤翔子さんによる席上揮毫を予定しています。
8月23日(金)、27日(火)各日14:00~
◎金澤翔子さん在廊日(予定)
8月25日(日)12:00~19:00
9月1日(日)12:00~17:00

「笑門」(69×35㎝)

「笑門」(69×35㎝)
「みんなが笑っていてくれないと困るんです」と言う翔子さんの気持ちが溢れた書です。

「魂」(35×34㎝)

「魂」(35×34㎝)
「翔子は、人を深く愛する純度の高い魂を持っています。」と母の泰子さん。

金澤翔子(かなざわ・しょうこ)

金澤翔子(かなざわ・しょうこ)

1985年 東京都に生まれる。
1990年 母に師事して書を始める。
2005年 銀座書廊で初個展。

建長寺、建仁寺、東大寺、太宰府天満宮、伊勢神宮等で個展。福岡県立美術館、愛媛県立美術館等で個展。ニューヨーク、チェコ等で個展。紺綬褒章受章。日本福祉大学客員准教授。近著に『ダウン症の書家 金澤翔子の一人暮らし』(金澤泰子著)。

展覧会の一覧に戻る