和光ホールのご案内

楢崎華祥書展
白寿に向かって 一書一花

会期
2021年2月26日(金) ~ 2021年3月7日(日)

10:30~19:00 最終日は17:00まで

学生時代に「かな」に出合い、「書を極めたい」と夢に描き、以来、70余年。「間もなく白寿を迎える歳になりましたが、今もその夢を追っている途上です」と溌剌と話されるのは、書家の楢崎華祥さんです。
流麗な楢崎さんの作品の大きな特徴の一つが、滲み。その滲みを美しく表現するために「素紙」を用いています。「素紙は“なま物”ですから、天候や紙の湿り具合、墨の濃さなどで毎回、仕上がりが変わります。ごくたまに『あ、今だ!』と思う時があって。そのときに一気に書きます。欲張ってもうまくいきません。まさに、一期一会です」。
墨の色にも気を配り、違うと感じれば墨を替えたり、絶妙な塩梅になるよう、試みる毎日です。
「恩師・尾上柴舟先生の歌に詠まれていますが、『わがたどるごと人はたどらず』の気持ちで、私なりの世界を作りたいと思っています。『最後に一つ、会心のものが書けたら』という気持ちで続けています」。
真摯に書の道を究められている一方で、今なお、多くのお弟子さんに慕われ、楢崎さんの周りには笑い声が絶えません。
「皆さんにも、一生を通してやっていく何かを持ってほしいのです。私の場合は書でした。そんな思いで書いてきたものを見ていただけたら」。
屏風、軸装、額装など50点余の展覧で集大成となりますが、同時に今後の制作のスタートともなる展覧会です。ますます進化する楢崎さんの書の世界観を存分に味わっていただけるはずです。

作品撮影=デジタルリンク

楢崎華祥(ならざき・かしょう)

楢崎

1924年
東京都文京区に生まれる
1944年
尾上柴舟に師事。東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)附属高等女学校専攻科国語部卒業。桜蔭学園高等女学校教諭となる
1960年
杉岡華邨に師事
1988年
第20回日展特選受賞
1993年
皇后陛下雅子様のお妃教育「書」のご進講役に任命される。第25回日展特選受賞
1999年
日展審査員就任
2005年
個展開催(東京・銀座)
2012年
文京区区民栄誉賞受賞。現在、日展会員、読売書法会参事、全日本書道連盟参与、東方書道院最高顧問、全日本書芸文化院名誉顧問、臨池会顧問、桂紅会主宰
BACK TO HOME
ページトップに戻る