和光ホールのご案内

華やぎの工芸展
―陶・漆・木・金属・硝子の物語―

会期
2021年9月3日(金) ~ 2021年9月14日(火)

10:30~19:00(最終日は17:00まで)

工芸には様々な素材があります。今回は陶・漆・木・金属・硝子という5つの領域の作家が集います。
丹羽シゲユキさんは、花などの植物を題材に、白い磁器の塊から形を削り出します。分厚い磁器を丹念に削る仕事は近年磁器の世界で増えつつありますが、丹羽さんの作品には花弁の一枚一枚に柔らかな動きが見られ、生き生きとした清楚な美しさを湛えています。花そのものが器でもあるという両義性も魅力です。
笹井史恵さんは、麻布と漆を塗り重ねる乾漆技法で量感のある形を築いています。鮮やかな赤い漆のほか、近年、寒色系の色漆も試み、いずれもエッジの立った明快な形を強調しています。手に取った際の軽さも乾漆の特徴で、滑らかな表面とともに、より親近感を示しています。
古谷禎朗さんは、木工の指物を得意とする作家です。蓋つきの箱などのほか、キャビネットや椅子のような家具も制作しています。木材の美しい面と線で構成する軽やかでシャープな形はいかにも現代的で、形の美しさが人の身体に馴染むだけでなく、例えばウォルナットの木の手触り、肌触りのよさも体感できます。
釋永 維さんは、金属の板に無数の穴を空け、それを鍛金技術で曲げていきます。硬いイメージのある金属が、釋永さんの手によって柔らかく動き出し、その繊細な凹凸や重なりが、金属の新たな魅力を引き出しています。最近は細長い金属の線を強調し、空気を包み込むような、新たな手法も試みています。
小川郁子さんは、切子技法を用いた硝子の器に取り組んできました。硝子の器の厚みにもこだわり、時に切子模様と器形とのダイナミックな関係性を築いています。被硝子(きせがらす)の色と透明な硝子とのコンビネーションの美しさも、この素材ならではの表現です。
古より日本には様々な素材の工芸を取り合わせて並べ、空間をより豊かにする「設え」の発想がありますが、今回の展覧会では、5人の作品からいずれかを選び、その出合いや組合せにより生まれる新たな物語も楽しんでいただけることでしょう。


文:本展監修者・多摩美術大学教授 外舘和子

笹井 史恵(ささい・ふみえ)

1973年
大阪府に生まれる。
1998年
京都市立芸術大学大学院美術研究科漆工専攻修了。
2014年
京都市芸術新人賞受賞。
14・18年
「融合する工芸」(和光)。
15年
タカシマヤ美術賞、京都府文化賞奨励賞受賞。
16年
「革新の工芸―伝統と前衛、そして現代―」 東京国立近代美術館工芸館/東京。

丹羽 シゲユキ(たんば・しげゆき)

1978年
北海道に生まれる。
2003年
京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻陶芸コース修了。
16年
第1回日本陶磁協会現代陶芸奨励賞北海道展 現代陶芸奨励賞受賞。
17年
第12回パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム・三重県)。
19年
「生まれ変わる伝統:イセコレクション所蔵 現代日本の工芸品」(香港大学美術博物館)。

古谷 禎朗(ふるたに・よしお)

1974年
大阪府に生まれる。
2001年
福知山高等技術専門校家具工芸科修了。
05年
京都府美山町にて工房設立。
11年
第85回 国展 国画賞受賞。
14年
第43回 日本伝統工芸近畿展 松下幸之助記念賞受賞。
17年・18年
第72回・73回 新匠工芸会展 新匠賞受賞。
現在
日本工芸会正会員。

釋永 維(しゃくなが・ゆい)

1981年
富山県に生まれる。
2004年
高岡短期大学(現・富山大学芸術文化学部)専攻科産業造形専攻修了。
04-13年
ミキモト装身具 原型制作課勤務。
16年
金沢卯辰山工芸工房 技術研修者修了。
17年
「イセ・コレクション世界を魅了した中国陶磁展(日本の名工芸品)」(パリ・国立ギメ東洋美術館)。
19年
「密なる世界─北陸 気鋭の四作家たち─」(和光)。

小川 郁子(おがわ・いくこ)

1973年
東京都に生まれる。
96年
上智大学文学部心理学科卒業。江戸切子 小林英夫に弟子入りする。
2010年
日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞。
14年
東日本伝統工芸展 岩手県知事賞受賞。
19・20年
秊日本伝統工芸展出品作品 宮内庁買上げ。
20年
東日本伝統工芸展 三越伊勢丹賞受賞。
現在
日本工芸会正会員。
BACK TO HOME
ページトップに戻る