和光ホールのご案内

蒔絵 室瀬和美
―伝統を創る―

会期
2022年1月14日(金) ~ 2022年1月23日(日)

10:30~19:00(最終日は17:00まで)

漆黒の漆面の上にさまざまな粒子の金粉を用いて、精緻な文様を描いていく「蒔絵」。
漆芸の代表的な技法の一つであり、その源流は奈良時代に遡ります。その伝統の技を現代に受け継ぐ「蒔絵」の重要無形文化財保持者(人間国宝)、室瀬和美さんによる和光では2回目となる展覧会が開催されます。
室瀬さんは、漆芸作家として活動しながら、正倉院宝物の漆工研究や文化財の修理およびその復元模造制作を手掛けてきました。日本の漆芸技術の歴史が凝縮された数々の名品を見つめ、修復することにより、時代を超えた普遍の美しさのエッセンスを自らの作品にも取り入れてきました。「過去から受け継がれた貴重な素材や高度な技術が現代まで伝えられた奇跡に感謝しつつ、日本の漆の未来のために今できることに挑戦し続けていきたいと思います。100年かけて育った材料は100年以上伝えられるように創るのが日本の心です。使うものを美しく創ることは、漆芸に限らず、工芸の美の根底にあります」。
その言葉の通りに作品は、一作一作が氏の美意識を色濃く反映しています。
今回出品される大作の壁面作品、飾箱、盤、茶器、装身具など、器体を彩る自然や動植物をモチーフとした装飾表現は、伝統と現代性が見事に融合しており、格調高く、典雅であり、そして見えない素地にまで行き届いた心配りが感じられます。
「伝統というものは守ることではなく、新たに創り出すことです」ともおっしゃる室瀬さん。その想いを受け継いだ次代を担う気鋭の七人の作家たちの作品も合わせて出品されます。今展を通して、漆芸の未来に新たな一ページが加えられることとなるでしょう。
お問い合わせ:美術部 (03)3562-2111(代表)


◎1月22日(土)・23日(日)の2日間は、混雑緩和のため入口を西側エレベーターのみとさせていただきます。
 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


◎室瀬和美による作品の紹介を以下よりご覧いただけます。

室瀬和美(むろせ・かずみ)

1950年
東京都に生まれる
1976年
東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了 同修了制作大学買上げ
1985年
日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞
1991年
目白漆芸文化財研究所開設、漆芸文化財保存に従事
1996~98年
国宝「梅蒔絵手箱」(三嶋大社蔵)復元模造制作
2000年
日本伝統工芸展 東京都知事賞受賞
2002年
日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞
2008年
重要無形文化財「蒔絵」保持者に認定。紫綬褒章受章
2015年
目白漆學舎開設、漆の文化発信の拠点とする
2021年
旭日小綬章受章
パブリックコレクション
文化庁、東京藝術大学、国立工芸館、大英博物館、ヴィクトリア&アルバート博物館、メトロポリタン美術館など

出品作家(五十音順)


鷺野谷一平 樋渡 賢 木 石 室瀬 祐 室瀬智彌 山田勘太 吉田秀俊

BACK TO HOME
ページトップに戻る