閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

山本容子 ポートレート展-本棚の仲間たち-

2019年4月25日(木)

~

2019年5月6日(月)

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

ニュース

2019年4月1日(月)、新元号の発表にあわせ、「新元号の書」を和光のウインドウにてお披露目いたします。

2019.3.27

ディスプレイ

新しい元号が発表される201941日(月)に、新元号を書にし、ショーウインドウに展示いたします。
和光の前身である服部時計店は、明治の世に銀座で創業いたしました。以来、明治、大正、昭和、平成と4つの時代にわたり、銀座にさまざまな時を告げてまいりました。
そして、新しい時代を象徴する元号発表の日に、書家・石飛博光さんに新元号を揮毫いただき、ショーウインドウにてお披露目いたします。
今までもこれからも銀座とともにある和光が、1ヵ月後に始まる新しい時(時代)をお伝えするディスプレイは、201943日(水)まで公開する予定です。
◎書の掲出のタイミングは、元号が発表されてから約90分後を目安としております。


石飛博光 (いしとび はっこう)
書家。1941年、北海道生まれ。北海道赤平高校在学中から書を本格的に学び、1960年、東京学芸大学書道科に入学、同時に金子鷗亭に師事。上京後は師鷗亭から書の基本的な古典をはじめ、師の提唱する誰にでも読める「詩文書」の創作に精力的に取り組む。
その後、書道入門書や解説書等を多数出版。また、NHK趣味悠々出演を契機に、各種メディアへの出演やロゴタイトルの揮毫などを多数手がける。洗練された現代的表現に加え、文字としての読みやすさを兼ね備えた作風が評価されている。
日展特別会員、創玄書道会会長、全日本書道連盟副理事長、毎日書道会理事、全国書美術振興会常務理事、日本詩文書作家協会会長、大正大学客員教授、NHK文化センター講師。2015年、和光ホールにて個展。

ニュースの一覧に戻る