お知らせ
ディスプレイ
ディスプレイ

バレンタインデーフェアのウインドウディスプレイ「赤いキッカケ」

バレンタインデーフェアのウインドウディスプレイ「赤いキッカケ」
アネックス1階の2つのショーウインドウに、日本大学藝術学部デザイン学科の学生がデザインした、バレンタインデーフェアのディスプレイが登場しています。
コロナ禍でのディスプレイのテーマは、友達の輪、平和、調和などをイメージする「WA・輪・和」。モチーフの赤い輪は、人それぞれに違う愛の形と、チョコレートから広がる愛をイメージしています。
上下に動くモチーフの間に僅かに見えるチョコレートは「キッカケ」を表しており、ほんの一瞬の「キッカケ」を見逃さず、チョコレートとともに愛を伝えてほしいという思いが込められています。
こちらのウインドウディスプレイはバレンタインデーの2月14日(月)までご覧いただけます。

デザイン:右川大河(日本大学藝術学部デザイン学科)
アートディレクション:和光 企画部 デザインG
企画協力:熊谷廣己(日本大学藝術学部デザイン学科)
BACK TO HOME
ページトップに戻る