催事のご案内
開催中

おひなさまを集めて

  • 本館地階 1月13日(木) ~ 2月23日(水)

子どもの健やかな成長を願って飾る雛人形。華やかな衣装を纏い、柔和な表情を浮かべるおひなさまは見る者を幸せな気持ちにしてくれます。リビングボードや玄関など、ちょっとしたスペースに飾れるお品を中心に集めました。春の節句だけでなく、重陽の節句に雛人形を飾る「後の雛」という風習もあり、一年に二度楽しむこともできます。お子さんやお孫さんへの贈りもののほか、ご自身のお手元でもぜひ愛でてください。

おひなさまを集めて

雛人形のルーツとされる立雛。優しい色合いの衣装のため、モダンな印象を与え、飾る空間を選びません。

原 孝洲 作
古今雛(敷板付き)
税込¥85,000
(桐塑に絹織物、男雛:2.5×7.5×高さ13.2㎝、女雛:3×3.3×高さ11.5㎝、敷板:15×19×高さ1㎝)

おひなさまを集めて

作者がかわいらしさにこだわって作ったという、赤ちゃんを思わせる丸いお顔のおひなさま。収納する桐箱や蓋の上に飾ることができます。

原 孝洲 作
いとひな(屏風付き)
税込¥85,000
(桐塑に絹織物、男雛:5×5×高さ7.5㎝、女雛:5.7×5×高さ6㎝、屏風:18.3×高さ9㎝、木箱:13×17×高さ9.3㎝)

おひなさまを集めて

埼玉県岩槻で一貫生産をしている数少ない工房の一つで、三代目石川潤平が手掛けました。滑らかな仕上げの木目込み人形で、ふくよかな造形が特長。

石川潤平 作
立雛
税込¥132,000
(桐塑に絹織物、男雛:9×10×高さ13.5㎝、女雛:9×9.5×高さ13㎝、敷板:21×30×高さ2.2㎝)

おひなさまを集めて

東京都江戸川区の工房内で、意匠から製造まで一貫して作られているため、細部へのこだわりが随所に。優しい表情が心に残ります。

村岡 茂 作
ひかり雛
税込¥143,000
(桐塑に絹織物、男雛:11×9×高さ11㎝、女雛:10.5×9×高さ10.5㎝、敷板:25.5×42×高さ1.2㎝、屏風:24×44〈横:両サイド含む80〉㎝)

おひなさまを集めて

優しい筆致で描かれたおひなさまに、京焼の金彩の華やかさも添えられています。陶額は飾りやすさ、しまいやすさも魅力です。

杉野弘美 作
陶額 おひなさま
税込¥79,200
(磁器、26×36.5㎝)

おひなさまを集めて

福々しいお顔をした高さ3㎝余りの小さなおひなさまは、古い着物から作られた衣装を纏っていて、温もりが感じられます。

前田 豊 作
親王ミニ雛(敷板付)
税込¥33,000
(桐塑に古布、男雛:2×2.6×高さ3.8㎝、女雛:2.5×2×高さ3.6㎝、敷板:12×15×高さ1㎝)

おひなさまを集めて

平安時代の風流人形が起源の「奈良人形一刀彫」で作られたおひなさまは上品で煌びやか。背面まで着物の柄が描きこまれています。

荒木義人 作
一刀彫 立雛
税込¥110,000
(木曽檜、男雛:3×7.3×高さ12.3㎝、女雛:2.8×2.8×高さ10.5㎝)

BACK TO HOME
ページトップに戻る