閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

華やぎの陶-7人の女性陶芸家による表現-

2017年9月22日(金)

~

2017年10月1日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

華やぎの陶-7人の女性陶芸家による表現-

  • 2017年9月22日(金) ~ 2017年10月1日(日)
  • 最終日は17:00まで

開 催 中

女性陶芸家の動向を紹介するシリーズ「華やぎの陶」第2弾となる今回は、栃木、茨城、山梨、東京、滋賀、大阪、石川で制作する作家たちの作品で構成します。
「華やぎ」──日本人は古来より幅広い華やかさを求めてきました。それは表面的な装飾性のみを指すのでなく、観者の精神性に深く訴えかける種類の聡明な華やかさをも含んでいます。例えば江戸時代、荘厳に彩られた日光東照宮と簡潔でモダンな桂離宮のような対極の美意識が共存したように、今日の作家たちもそれぞれに多様な「華やぎ」を表現しています。
盛絵を駆使して、エキゾチックな美を示す富田美樹子さんや、呪術的、吉祥的なモチーフの集積で根源的なエネルギーを表現する徳丸鏡子さんは前者の、卓越した轆轤技術で洗練を極める森岡希世子さんは後者の傾向の延長にあるともいえます。器体の曲面に沿って明快な模様と色層を掘り起こす髙間智子さんの器も独自の華やかさを示しています。また、佐々木文代さんは金銀彩を用いて現代の綺麗寂びとでもいうべき滲み出るような美を築き、東 香織さんは貝のイメージをもとにした削り模様を重ねるように器面にほどこし、その陰影や質感によって独自の世界を表現しています。さらに、林 香君さんは、作家自身の身近にある世界遺産の日光をイメージの源泉として、四季折々の自然のうつろいの中に、豊かな変化と、そして普遍的な強さとを見出し、造形化しています。華やぎとは、逞しさでもあるのです。
7人の女性たちの作品世界を通して、華やぎの姿形の多様さ、奥深さに触れていただければ幸いです。

文=外舘和子(美術評論家・本展監修)

ギャラリートーク
出品作家と美術評論家・外舘和子さんによるギャラリートークを予定しております(各日14:00~)。
9月23日(土)徳丸鏡子さん、佐々木文代さん、林 香君さん
9月24日(日)富田美樹子さん、森岡希世子さん、髙間智子さん、東 香織さん

富田美樹子「器官-K-」 富田美樹子
「器官-K-」
(左から/16.5×28.5×高さ14.5㎝、16.5×30.5×高さ15.5㎝)
徳丸鏡子「昇蛇島」 徳丸鏡子
「昇蛇島」
(24×21×高さ37㎝)
森岡希世子「光の呼吸-花器-」 森岡希世子
「光の呼吸-花器-」
(径23.8×高さ29㎝)
髙間智子「積層彩磁-花器-」 髙間智子
「積層彩磁-花器-」
(20×22×高さ44㎝)
佐々木文代「ドットの水指」 佐々木文代
「ドットの水指」
(径16×高さ11.5㎝)
東 香織「洋なし」 東 香織
「洋なし」
(左から/径9×高さ13.5㎝、径8.5×高さ11.5㎝、径13.2×高さ19㎝)
林 香君「曇りのち晴れ…」 林 香君
「曇りのち晴れ…」
(7×38.5×高さ22.5㎝)

富田美樹子 とみた・みきこ

1996年 京都市立芸術大学工芸科陶磁器専攻卒業
2003年 「現代陶芸の華-西日本の作家を中心に」(茨城県陶芸美術館)
2009年 「現代工芸への視点 装飾の力」展(東京国立近代美術工芸館/東京)
2016年 SOFA CHICAGO(アメリカ)

徳丸鏡子 とくまる・きょうこ

1990年 長三賞陶芸展 新興部門大賞受賞
1992年 多摩美術大学大学院絵画科陶芸専攻卒業
2013年 タカシマヤ美術賞受賞

文化庁芸術家海外派遣制度などにより4ヵ国11ヵ所のアートプログラムで滞在制作
フィラデルフィア美術館、ボストン美術館、岐阜県立陶芸美術館、大分県立美術館などパブリックコレクション多数

森岡希世子 もりおか・きよこ

1994年 デンマーク王国Holbek美術国民学校留学
2011年 東京ドームテーブルウェア展 東京都知事賞受賞
2014年 現代陶芸「現象」展(茨城県陶芸美術館)
第19回MOA岡田茂吉賞新人賞招待出品
2016年 金沢美術工芸大学美術工芸研究科博士号取得
現在 伝統工芸士「九谷焼成形部門」

髙間智子 たかま・ともこ

2005年 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程造形表現修了
2006年 同大学院研究科研究員修了
2011年 滋賀県立陶芸の森スタジオアーティスト
2014年 第43回日本伝統工芸近畿展 新人奨励賞受賞

そのほか個展・企画展・グループ展多数

佐々木文代 ささき・ふみよ

1991年 東京藝術大学美術学部工芸科卒業
1993年 東京藝術大学大学院美術研究科陶芸専攻修了
1994~2001年 伝統工芸新作展入選
2011年 第1回現代工芸アートフェア出品

東 香織 あずま・かおり

2002年 山路和夫陶房にて修業
2004年 馬場浩二に師事
2013年 第53回東日本伝統工芸展 奨励賞受賞・第22回日本陶芸展入選
第60回日本伝統工芸展入選
2016年 第4回陶美展 十四代柿右衛門記念賞受賞
2017年 「現代の茶陶」(茨城県陶芸美術館)

林 香君 はやし・かく

1978年 東京藝術大学安宅賞受賞
1993年 朝日陶芸展 グランプリ受賞
2009・2012年 日展特選
2017年 MOA美術館岡田茂吉賞展招待出品

LACMA美術館、ポートランド美術館、ミネアポリス美術館、オーチャードアーツミュージアムなどパブリックコレクション多数

展覧会の一覧に戻る