閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

融合する工芸-見つけた伝統のアシタ-

2018年9月14日(金)

~

2018年9月24日(月)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

漆芸の現在形

  • 2018年1月26日(金) ~ 2018年2月4日(日)
  • 最終日は17:00まで

今展では、輝かしい実績を持つ若手の漆芸作家を集めてご紹介します。日常生活で漆器を使う場が少なくなってきた今、漆芸を学び独自の表現に挑戦している若い作家がいることは、日本の未来を考える上で実に頼もしいことです。
今回並ぶ作品は、同じ漆、金粉、貝などの材料を使いながら、さまざまな形状をしています。造形技法も指物、 轆轤 ろくろ などの木地造形、乾漆造形など多様であり、装飾技術も蒔絵、螺鈿、平文、 変塗 かわりぬり 髹漆 きゅうしつ などを自己のものとした高いレベルの作品です。
青木宏憧氏、青木伸介氏、吉野貴将氏の3人は東京藝術大学の同級生であり、切磋琢磨し、ともに母校で後輩を教えることになりました。早くから注目されており、青木伸介氏は学部の卒業制作、青木宏憧氏は修士の修了制作、吉野貴将氏は博士の修了制作が大学の美術館の買上げ収蔵となりました。その後の3人の活躍は世間の知るところです。
大学の少し後輩の松崎森平氏の卒業制作は木工、漆芸、染織、金属加工の工芸技法を駆使し、高い評価を受けました。現在もした貝を巧みに使う作品で、多くの愛好者に認められています。
漆器製造の家に生まれた樋渡 賢氏は石川県立輪島漆芸技術研修所にて蒔絵を学び、蒔絵筆を駆使した作品ではこの世代で卓越している一人です。
この5人の作品が会することによって生まれてくる世界が、漆を通した新たな日本の美の発信として次世代に海外に伝わっていくものと楽しみです。

出品作家によるギャラリートークを予定しております(各日 14:00~)。
1月27日(土)青木伸介氏、樋渡 賢氏、吉野貴将氏
  28日(日)青木宏憧氏、松崎森平氏

守箱「氷雲」(39.5×60×高さ32㎝青木宏憧 あおき・こうどう

青木宏憧
守箱 しゅばこ 「氷雲」(39.5×60×高さ32㎝)

「イザナ」(3号F) 青木伸介 あおき・しんすけ

青木伸介
「イザナ」(3号F)

脱活乾漆偶像「悠悠」(16×16×高さ23㎝) 吉野貴将 よしの・たかまさ

吉野貴将
脱活乾漆偶像「悠悠」(16×16×高さ23㎝)

「Forest」(37×52㎝) 松崎森平 まつざき・しんぺい

松崎森平
「Forest」(37×52㎝)

「菊螺鈿杯」(径6×高さ2.5㎝) 樋渡 賢 ひわたし・けん

樋渡 賢
「菊螺鈿杯」(径6×高さ2.5㎝)

青木宏憧(あおき・こうどう)

1976年 東京都に生まれる
2005年 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了、修了制作 東京藝術大学大学美術館収蔵
2011年 第50回記念日本現代工芸美術展入選、現代工芸大賞受賞
2014年 改組新第1回日展特選受賞、国際漆展・石川2014 アート部門金賞受賞
2017年 改組新第4回日展特選受賞
現在 東京藝術大学美術学部漆芸研究室准教授、日本現代工芸美術家協会本会員、日展会友、日本文化財漆協会常任理事
収蔵 東京藝術大学大学美術館、石川県輪島漆芸美術館、ミネアポリス美術館(アメリカ)、MINKA現代美術館(アルゼンチン)

青木伸介(あおき・しんすけ)

1977年 千葉県に生まれる
2005年 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
現在 広島市立大学デザイン工芸学科講師、日本文化財漆協会理事
収蔵 東京藝術大学大学美術館

吉野貴将(よしの・たかまさ)

1976年 東京都に生まれる
2003年 東京藝術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業、卒業制作 杜賞受賞
2005年 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了、修了制作 日本漆工奨学賞受賞
2008年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻漆芸修了、博士学位取得、野村美術賞受賞
2011年 第50回記念日本現代工芸美術展、現代工芸新人賞受賞
現在 漆芸家として活動、日本現代工芸美術家協会会友、日本文化財漆協会理事
収蔵 東京藝術大学大学美術館、ミネアポリス美術館(アメリカ)、フェアモントホテル ジャカルタ(インドネシア)

松崎森平(まつざき・しんぺい)

1981年 東京都に生まれる
2007年 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
2009年 第49回東日本伝統工芸展 山種美術館賞受賞
2010年 第57回日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞
2013年 日本伝統工芸展60回記念工芸からKOGEIへ(東京国立近代美術館工芸館)
2015年 第55回東日本伝統工芸展 根津美術館館長賞受賞
現在 日本工芸会正会員、東京藝術大学美術学部漆芸研究室非常勤講師、日本文化財漆協会理事

樋渡 賢(ひわたし・けん)

1977年 秋田県に生まれる
1997年 西塚栄治に師事
2000年 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒業
現在 目白漆芸文化財研究所在籍(2002年~)

展覧会の一覧に戻る