閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

秋元雄史監修 もう一つの工芸未来派

  • 2018年12月7日(金) ~ 2018年12月16日(日)
  • 最終日は17:00まで

東京藝術大学教授の秋元雄史さんが、金沢21世紀美術館の館長を務めていた際に企画した展覧会「工芸未来派」は美術界で話題になりました。今回、秋元さんを監修に迎え、和光ホールを新しいステージとして「もう一つの工芸未来派」を展開します。
「工芸未来派とは伝統的、工芸的な技法を用いて、作品を通じて新たなイメージを提示する人々のこと。工芸を否定しても肯定しても変形してもいいけれど、『工芸とは何か』という確たるものを持ち、工芸的価値観や技術を工夫しているということです」と秋元さん。
タイトルの“もう一つの”に込められた意味は日常とつながりがあるということ。使える、使えないに関わらず、現在の生活空間に置いたときに魅力的な作品をつくる人たちを秋元さんの独自の目線で選んでいます。「キャリアのある作家は長い年月をかけて材料や技法と付き合い、安定した力を持っていますが、そこに安住することなく、“攻めの姿勢”で作っています。一方の若手は、自らの技術と“今”を独自の感性で昇華させて、新たなデザインを生み出しています」と秋元さん。
陶芸、ガラス、漆芸、金工、木工、染織の12人の新作が集います。工芸に対する既成概念がきっと覆されることでしょう。

ギャラリートーク
監修の秋元雄史さんの進行で、出品作家によるギャラリートークを予定しております(各日14:00~)。
12月7日(金)安達大悟さん、池田晃将さん、竹村友里さん、釣 光穂さん
12月9日(日) 木谷 洋さん、小曽川瑠那さん、笹川健一さん、鈴木祥太さん
12月15日(土)中川周士さん、中村康平さん、中村卓夫さん、村瀬治兵衛さん

安達大悟(あだち だいご) 「posc-cutout-六角形バッグ」(綿、ポリエステル、7×25×高さ22㎝)

安達大悟 あだち だいご
「posc-cutout-六角形バッグ」
(綿、ポリエステル、7×25×高さ22㎝)
板締め絞りという古くからある技法を使いながらも、鮮やかな色合いを多く使っていて、今っぽい作品。楽しく作っている雰囲気が伝わってくる。

池田晃将(いけだ てるまさ) 「 透一重蔓(すかしひとえづる ) 唐草文香

池田晃将 いけだ てるまさ
透一重蔓 すかしひとえづる 唐草文香合」(漆、夜光貝、金、檜、3.1×5.1×高さ2㎝)
螺鈿の使い方に現代的なセンスを感じる。見る角度や、光の当たり方によって、さまざまな表情を楽しめる作品。

木谷 洋(きたに ひろし) 「ワラスグリ」(真鍮、16×17×高さ22㎝)

木谷 洋 きたに ひろし
「ワラスグリ」
(真鍮、16×17×高さ22㎝)
物のかたちの美しさや、道具が持つ色気を表現する作家で、今回の出品作家のうち、もっともコンセプチュアル。無名の人が作った道具こそが工芸の営みだということが伝わってくる。

小曽川瑠那(こそがわ るな) 「深い静寂Ⅸ」(ガラス、11×10.5×高さ9㎝)

小曽川瑠那 こそがわ るな
「深い静寂Ⅸ」
(ガラス、11×10.5×高さ9㎝)
花の持つ佇まいの美しさが表現されたポエティックで繊細な作品。半透明でマットなガラスのテクスチャーが独自の世界観をかたち作っている。

撮影:岡村喜知郎

笹川健一(ささかわ けんいち) 「白/no.35」(ガラス、9×9.5×高さ18㎝)

笹川健一 ささかわ けんいち
「白/no.35」
(ガラス、9×9.5×高さ18㎝)
ガラスが持つ、フラジャイルな魅力がうまく表現された文学的な作品。独特の世界観があり、部屋にこれがあるだけで、そこだけ違う空気が生まれる。

鈴木祥太(すずき しょうた) 「小さい秋」(銅、真鍮、7.6×14.3×高さ5.5㎝)

鈴木祥太 すずき しょうた
「小さい秋」
(銅、真鍮、7.6×14.3×高さ5.5㎝)
彫刻というほど重くなく、いい意味で“軽さ”がある作品で、インテリアとしても魅力的。本物と見紛うような精緻な出来栄え。

撮影:大塚敏幸

竹村友里(たけむら ゆり) 「月への階段」(磁土、12.1×12.1×高さ10㎝)

竹村友里 たけむら ゆり
盌「月への階段」
(磁土、12.1×12.1×高さ10㎝)
“いかにも工芸”という作品ではなく、今の暮らしに溶けこめる、美しいモダンデザイン。中性的な曲線のラインや色彩が魅力。

撮影:大塚敏幸

釣 光穂(つり みつほ) 「みみつきdpgrn」(半陶土、顔料、12×10×高さ17㎝)

釣 光穂 つり みつほ
「みみつきdpgrn」
(半陶土、顔料、12×10×高さ17㎝)
現代的な感覚で陶芸に取り組む若手作家で、土の重さを感じさせず、色使いもポップ。実は古代の焼物をトレースしている。

撮影:大塚敏幸

中川周士(なかがわ しゅうじ) 「杉柾合せ 鉢」(杉、径33×高さ15㎝)

中川周士 なかがわ しゅうじ
「杉柾合せ 鉢」
(杉、径33×高さ15㎝)
工芸の基本は、「欲しい」と思えるかどうか。木目の美しい、コンテンポラリーなこの作品は多くの人が欲しいと思うのではないか。超一流の職人が新しいことに挑戦している。

中村康平(なかむら こうへい) 「井戸茶碗」(陶土、径16×高さ8㎝)

中村康平 なかむら こうへい
「井戸茶碗」
(陶土、径16×高さ8㎝)
茶碗の持つアート的な要素を引き出しているオブジェ的な作品。素直に作っているように見えるが、実はコンセプチュアルで現代アートの発想に近い。

中村卓夫(なかむら たくお) 「箱をやめたハコ」(陶土、25×47×高さ35㎝)

中村卓夫 なかむら たくお
「箱をやめたハコ」
(陶土、25×47×高さ35㎝)
現代的なかたちをしているが、日本の伝統的な建築空間の床の間に置いて花を入れても映える。琳派の現代版という雰囲気も持っている。

村瀬治兵衛(むらせ・じへい) 「欅木地水指」(欅、径29.5×高さ13.5㎝)

村瀬治兵衛 むらせ・じへい
「欅木地水指」
(欅、径29.5×高さ13.5㎝)
原生林の一木の内部を刳りぬいた技が秀逸。熟達した高度な技量の持ち主だが、新しいこと、面白いことを追求し続けている。

撮影:大塚敏幸

秋元雄史 あきもと ゆうじ

2004年より直島地中美術館館長、ベネッセアートサイト直島アーティスティックディレクター
2007年~2017年 金沢21世紀美術館館長
現在 東京藝術大学大学美術館館長・教授、および練馬区立美術館館長を兼務。また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員会委員を務める

展覧会の一覧に戻る