展覧会のご案内

伊東久重御所人形展

会期
2020年3月5日(木) ~ 2020年3月15日(日)

最終日は17:00まで

セイコーハウス銀座 6階
セイコーハウス銀座ホール

「有職御人形司」として、宮中での節句の祝いや結婚などの慶事に際し飾られる「御所人形」を250年間、制作してきた伊東家。一子相伝で脈々と受け継がれ、当主は十二世伊東久重さんです。
三頭身の稚児のあどけなさや、玉のような白肌から生まれる純真無垢さが御所人形の真髄。おめでたいときに飾るため、ひび割れを嫌い、30年以上乾かした桐の木材に、胡粉を塗っては乾かして磨くという作業を50回繰り返して万全を期しています。完成まで3年かかることもあるという根気のいる作業が日々、続きます。
伊東さんが手がける人形の表情は朗らかで、隅々まで照らす太陽のような力が備わっています。「表情のためか、はんなりした衣装の色のためか、人形を置くだけで部屋が明るくなるとおっしゃっていただくことがあります」と穏やかな口調で教えてくださいました。
伊東家は代々、職住一体で、伊東さんも父や祖父の人形作りを見て育ちました。あるとき、祖父に「品格はどうしたら出る?」と尋ねたところ、「思いやりを持って人に接し、謙虚でいれば、自ずと備わる」と言われ、今も心に留めています。
新しい題材を常に追求しており、サッカーやマラソン、重量挙げの選手に憧れ、その動きを真似する稚児の人形が新作として並びます。ほかに、胡粉高盛金彩絵、白肌で無垢な赤ちゃんのような人形「しらたま」、そして庄五郎を襲名したご長男・建一さんの作品など、合わせて60余点ほどが出品されます。
伊東さんの円熟の技と誠心誠意が込められた小さき人形たち。家族を明るく照らす要となってくれることでしょう。

◎伊東久重さんによるギャラリートークを予定しております。3月7日(土) 14:00~

伊東久重(いとう ひさしげ)

1944年
有職御人形司・伊東家の長男として京都府に生まれる。同志社大学在学中より本格的に人形制作の道に入る
1978年
十二世 伊東久重を継承
1984年
84年より和光にて個展(87・89・94・97・2000・03・06・09・11・15年)
1985年
科学万博-つくば'85の日本歴史館にて十二世 伊東久重御所人形の世界展
2000年
十二世 伊東久重御所人形の世界展(静岡)
2004年
日本の伝統の技と美・伊東久重御所人形展(ウィーン)
2005年
十二世 伊東久重御所人形の世界展(福岡)
2009年
宮廷の雅―受け継がれし入神の技―十二世 伊東久重御所人形の世界展(滋賀)
2018年
有職御人形司 十二世 伊東久重美術館が開館
BACK TO HOME
ページトップに戻る