和光ホールのご案内

築城則子染織展
―縞百姿 遊びをせむとや―

会期
2021年1月28日(木) ~ 2021年2月7日(日)
休業日
1月1日

10:30~19:00 最終日は17:00まで

◎昨年の緊急事態宣言の影響により2020年4月17日(金)~26日(日)の会期より、開催を延期とさせていただきました。

縞のもつ普遍的な美をひたすらに追求して福岡・小倉生まれの染織作家、築城則子さんは江戸時代に羽織や袴として用いら れていた小倉織を復元し、“深化”させてきました。女性が装うことを念頭に、彩り豊かな色糸を加えて、絶妙な配色による今様の縞織物を創作しています。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために延期となっていた展覧会を、このたび開催することとなりました。
「思ってもみない事態になりましたが、そんななかでも、植物は花を咲かせ、実を結び、季節は巡ります。変わらずにあり続ける自然の偉大さをあらためて感じ、草木染をしている身としては、そこから生まれる色を、より大切にしなければという思いです」。
8年ぶり4回目となる今展のテーマは「縞百姿」。「縞の着物や帯がとにかく好きです。そこで、皆様に変幻自在な、百種の縞と出合っていただきたいと考えました」とおっしゃいます。
小倉織の帯40点を中心に紬、練貫(ねりぬき)、小倉縮の着物、額装や漆箱に小倉縞をほどこした小筥などの約100点に加え、新進気鋭の作家とのコラボレーションによる十余点も出展されます。
「縞には普遍的な美があります。私は、この永遠に交わらぬ線をずっと追い求めてきました。これまでの縞も、新しい縞も、縞の無限をご覧いただけたらと願っています」。
糸を染め、織り上げる。果てがないような作業の連続でようやく完成を迎えます。そして、その一つひとつに詩情が織り込まれています。ぜひ、そんな作品との“対話”をお楽しみください。

築城則子(ついき・のりこ)

1952年
北九州市に生まれる
1974年
早稲田大学文学部中退、染織の道に入る
1984年
小倉織復元
1994年
小倉縮復元
1996年
北村武資による「羅」の伝承者養成研修会に参加
1999・2003・
13年
「築城則子染織展」(和光ホール)
2004年
「非情のオブジェ-現代工芸の11人-」(東京国立近代美術工芸館)
2005年
伝統文化ポーラ賞 優秀賞受賞
2007年
文化庁芸術家海外派遣でロンドンにて研修
2008年
日本伝統工芸染織展 文化庁長官賞受賞
2010年
日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞
2014年
小倉縮復元30周年「築城則子-縞の今-」(北九州市立美術館分館)
2015年
「工芸の現在」菊池寛実賞受賞(菊池寛実記念 智美術館)
2016年
ミラノデザインウィーク「Parabolic Stripes」(イタリア)
2018年
文化庁地域文化功労者表彰
2019年
「パッション20」(東京国立近代美術館工芸館)
現在
日本工芸会正会員、遊生染織工房主宰
BACK TO HOME
ページトップに戻る