和光ホールのご案内

九谷焼窯元 四代須田菁華展
―菁華のしごと 小林庸浩の写真とともに―

会期
2021年5月12日(水) ~ 2021年5月19日(水)

10:30~19:00(最終日は17:00まで)

石川県加賀市山代温泉で約百三十年間、伝統的な製法を踏襲し焼物を生み出し続ける須田菁華窯。今年八十一歳となる四代目須田菁華さんは「代々繋がってきた手仕事の心を大事にして今も器を作っています」と話されます。  和光で五年ぶりとなる今展のテーマは「菁華のしごと 小林庸浩の写真とともに」。「昔ながらの私たちの仕事の様子を、小林さんの写真でぜひ見ていただきたい」という菁華さんの思いから、親交の深い写真家の小林さんが撮影した写真が会場に展示されます。  おおらかで、親しみやすく、楽しげな雰囲気が漂う菁華の器。「特別な時ではなく、日々の暮らしでこそ使っていただきたいと思っています。手仕事で作った器の優しさ、面白みを感じてもらえたら嬉しいです」。  ご飯茶碗や湯呑、酒器から大皿まで新作含め、さまざまに展観します。窯元を訪れるようなわくわくする気分で、器選びをお楽しみください。

須田菁華(すだ・せいか)

須田菁華(すだ・せいか)

1940年
石川県に生まれる。
1962年
金沢美術工芸大学洋画科卒業。二代 菁華のもと、三代 菁華とともに九谷焼の制作に携わる。
1981年
四代 菁華襲名。
2002年
和光にて作品展。
2006年
和光にて作品展。
2010年
和光にて作品展。
2013年
和光にて作品展。
2016年
和光にて作品展。
現在
石川県加賀市在住。
BACK TO HOME
ページトップに戻る