和光ホールのご案内

織作峰子写真展
―光韻―

会期
2021年9月18日(土) ~ 2021年9月28日(火)

10:30~19:00(最終日は17:00まで)

「旅を続けながら、カメラを通して心の揺らぎを表現してきました。自然と対話し、私の心のリズムと自然のリズムが一致した瞬間にシャッターを切るのです」と写真家の織作峰子さんはおっしゃいます。和光で二度目となる今展は写真集の出版記念を兼ね、自然をテーマに、金やプラチナ箔などに写真をプリントした作品の数々を発表します。
コロナ禍により自宅で過ごす時間が増え、「過去に撮影した日本の風景を見直すいい機会になり、日本の美しさを箔に載せて表現したいと改めて強く思いました」と言います。
日本各地の何気ない風景を織作さんならではの視点で切り取った作品や、一瞬の美を収めた作品、これまでにあまり表現されたことのない富士山の姿を捉えた作品などを展覧します。
「日本では〝写真〟と翻訳されましたが、〝フォトグラフ〟とは、光の粒子で描く絵という意味。写真を箔に載せた時に、光の粒子が躍動し、私の写真が輝いたように思いました。その躍動感や輝きを味わっていただけたら」。
「写真」というジャンルではくくりきれない、織作さんの作品をぜひ間近でご覧になり、〝揺らぎ〟や〝儚さ〟を感じてください。

織作峰子(おりさく・みねこ)

1960年
石川県に生まれる。
81年
ミスユニバース日本代表。
82年
大竹省二写真スタジオ入門。
87年
独立。
2000年
ウォーターフォードウエッジウッドライフスタイルアワード受賞。
07年
写真展(Galerie Baudo in Lebon、Galerie DOWNTOWN・パリ)。
09年
日本ハンガリー国交樹立140周年記念特別展(ブダペスト写真博物館)。
写真展「DIMENSIONS」(金沢21世紀美術館)。
17年
ウィリアム・モリス写真展(現在も巡回中)。
箔に写真をプリントする技法を発表。
18年
和光ホールにて個展。
現在
大阪芸術大学写真学科学科長。
BACK TO HOME
ページトップに戻る