和光ホールのご案内

岡 晋吾 陶展
―今がまま―

会期
2021年12月8日(水) ~ 2021年12月14日(火)

最終日は17:00まで

佐賀県唐津市に「天平窯」を構える陶芸家・岡 晋吾さんの和光ホールでは初となる個展を開きます。白瓷や染付、色絵、唐津焼などさまざまな技法で作られる器は「料理を盛るだけで絵になる」と多くの料理人から支持されています。「構えて盛り付けるのでなく、料理を入れた瞬間に絵になる器を目指しています。例えば、つるっとした質感の白磁よりも石に30%ほどの土を加えて作る白瓷は柔らかい仕上がりになります。このように少し“不完全”なものにする方が使い勝手がいいようです」。
工房は梅や紅葉など緑に囲まれていて、創造力の源になっています。「身近にある自然のなかにあるものを自分なりに昇華させてデザインしています。毎日見ているから、“記憶の色”として再現できるのです」。
今展では、重箱や大きめの花器をはじめ多種多様な器を展覧します。「初めての挑戦ではありますが、気負わず、あるがままの姿をお見せできたら」。人気の作家の“料理が映える器”を間近で見る絶好の機会です。

初日12月8日(水)は予約制にてご案内いたします。
ご予約は12月1日(水)11:00より、こちらから承ります(現在は非公開です)。


ギャラリートーク
岡 晋吾さんと、SIMPLICITY/八雲茶寮代表・緒方慎一郎さんによるギャラリートークを予定しております。
12月11日(土)14:00~
お席のご予約を承ります。
本館地階 (03)3562-2111(代表)

岡 晋吾(おか・しんご)


1958年長崎県生まれ。
1981年佐賀県窯業試験場デザイン科・絵付け科で研修し、その間に出会った料理研究家・志の島 忠さんに薫陶を受ける。
肥前諸窯勤務を経て、1993年独立。
2003年唐津市浜玉町に移転し天平窯を築窯。

BACK TO HOME
ページトップに戻る