展覧会のご案内

工芸の表現四人展

会期
2022年3月24日(木) ~ 2022年3月30日(水)

最終日は17:00まで

セイコーハウス銀座 6階
セイコーハウス銀座ホール

過去から脈々と受け継がれてきた伝統と技術をしなやかに受け入れ、多種多様な表現を展開している現代の日本の工芸。
今回、漆芸、金工、陶芸の分野において、独自の制作スタイルを確立し、国内外で高い評価を得ている、30代から40代の気鋭の作家4名による展覧会を開催いたします。
漆黒に浮かび上がる繊細な螺鈿の表現を探求し、掌中に収まる電脳世界を創造していく漆芸の池田晃将さん。
“光”をテーマに、器胎にほどこした透明感溢れる模様の表現による、洗練された美を追求する陶の新里明士さん。
象嵌や透かし彫りなどの高度な技法を駆使しながら、茶道具を軸に、斬新な壁掛けやオブジェの制作を試みる金工の長谷川清吉さん。
九谷に伝わる伝統の赤絵細描で、古典と現代の感覚を併せ持つ格調高い細密描写の世界を築く陶の見附正康さん。
「美しいものから刺激を受け、自分なりの表現を意識しながら、伝統技術の持つ品格も感じられる作品を制作していきたいです。」と出品作家の見附さんが語るように、各人がそれぞれのフィールドで、素材の魅力を存分に引き出しながら、自身の理想の表現を求めて日夜研鑽を重ねています。
作品から放たれる際立つ個性、四者四様の感性が響き合い、工芸の新たな可能性に挑戦する作家たちの展観を、和光ホールでぜひご覧ください。


■抽選販売のご案内
「工芸の表現四人展」作品のご購入は抽選にて承ります。ご希望の方は、和光ホールへご来場のうえ応募ください。メールまたは電話でのご応募はお受けいたしかねます。
◎こちらに掲載された作品は完売いたしました。
また、会場に出品された池田晃将さんと見附正康さんの作品は完売いたしました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。


〈応募日〉
3月24日(木)10:30~19:00
  25日(金)10:30~12:00


〈抽選結果通知〉
3月25日(金)15:00~18:00


◎各作家お一人様2点までのご応募とさせていただきます。
◎抽選により購入はお一人様 各作家1点限りとさせていただきます。
◎ご当選のご連絡は、電話またはメールにてお知らせいたします。
◎ご当選後のキャンセルはお受けいたしかねます。
◎抽選のご希望が無かった作品は、3月26日(土)10:30より和光ホールで販売いたします。
◎混雑状況によっては、入場制限をさせていただきます。


〔抽選販売についてのお問い合わせ〕和光 美術部 (03)3562-2111(代表)



■抽選方法一部変更のご案内
下記掲載の作品に限りメールでのご応募も承ります。1回で最大4名、合計4作品のご応募が可能です。


〈応募期間〉
3月14日(月)10:30-20日(日)19:00
応募アドレス:[email protected]


〈入力内容〉
1.お名前(カタカナ)
2.作家名
3.携帯電話番号(お持ちでない方は固定電話番号)
◎上記のみご入力いただき、お送りください。
◎携帯電話メール(docomo、au、softbank)のメールアドレスをご利用の方は返信メールを受け取れない場合がありますのでご注意ください。
◎応募アドレスでのご質問はお受けいたしかねます。


抽選結果通知、そのほかの詳細についてはご案内状中面記載の抽選販売のご案内をご覧ください。

〔抽選販売についてのお問い合わせ〕和光 美術部 (03)3562-2111(代表)


池田晃将(いけだ・てるまさ)

1987年
千葉県に生まれる
2014年
金沢美術工芸大学 工芸科 漆・木工コース卒業
2016年
金沢美術工芸大学大学院 修士課程 修了
2019年
金沢卯辰山工芸工房 修了、金沢市内に工房を構える
2020年
「和巧絶佳展 −令和時代の超工芸-」パナソニック汐留美術館
2021年
「《十二の鷹》と明治の工芸-万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿」国立工芸館

新里明士(にいさと・あきお)

1977年
千葉県に生まれる
2001年
多治見市陶磁器意匠研究所 修了
2004年
「非情のオブジェ -現代工芸の11人-」東京国立近代美術館工芸館
2011~12年
文化庁新進芸術家海外派遣制度研修員/アメリカ・ボストン
2020年
「和巧絶佳展 -令和時代の超工芸-」パナソニック汐留美術館
2021年
「DOMANI 明日展2021」国立新美術館、
「No Man's Land -陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」兵庫陶芸美術館、
2020年度日本陶磁協会賞受賞
現在
岐阜県土岐市にて制作

長谷川清吉(はせがわ・せいきち)

1982 年
愛知県名古屋市に生まれる
2001年
ロンドン チェルシー美術大学彫刻科入学
2003年
同大学中退 、帰国し父 三代目長谷川一望斎の下で、鍛金と彫金の修行に入る
2014・16・18・20年
個展 (しぶや 黒田陶苑)
2015・19年
個展(ギャラリーEN)
2017 年
個展(画廊 光芳堂)
2018 年
個展(ぎゃらり百草)、興福寺中金堂落慶法要にて千宗屋による献茶道具として皆具を制作
2019・22 年
個展(松坂屋名古屋)
2021年
個展(GALLERY NOW)

見附正康(みつけ・まさやす)

1975年
石川県加賀市に生まれる
1997年
石川県九谷焼技術研修所卒業 福島武山に師事(2007年工房を構え独立)
2012年
「工芸未来派」金沢21世紀美術館
2014年
第9回パラミタ陶芸大賞展 大賞受賞 パラミタミュージアム
2015年
「japanese kogei FUTURE FORWARD」ミュージアムオブアーツ&デザイン/アメリカ
2016年
石川県デザイン賞受賞
2019年
第39回伝統文化ポーラ賞 奨励賞受賞
2020年
「無形にふれる」ポーラミュージアムアネックス、
「和巧絶佳展 -令和時代の超工芸-」パナソニック汐留美術館
2021年
「NoMan’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」兵庫陶芸美術館
BACK TO HOME
ページトップに戻る