和光ウェブマガジン

INDEX 18

2021.10.29

  • クロック

  • # 置時計

  • # 柱時計

  • # 鳩時計

コレクターも唸る幅広いラインアップ

4つのトリビアから、
和光のクロックコーナーを深掘り

本店地階のクロックコーナーは、ウオッチスクエアと並んで極めて評価の高い空間です。
ウオッチほど知られてはいないかもしれませんが、目の肥えた時計マニアにとっては一種の“聖地”。
掛時計や置時計、トラベルクロックや鳩時計、からくり時計にいたるまで、まさに日本有数の時計ワンダーランドなのです。

NAVIGATOR

時計ジャーナリスト・桐蔭横浜大学教授

並木 浩一さん

雑誌編集長を経て現職。1990年代よりスイスをはじめ国内外の時計を取材。主な著書に『腕時計一生もの』『腕時計のこだわり』等がある。雑誌『Pen』『ウオッチナビ』『メンズプレシャス』等でも腕時計コラムを連載中。

Trivia 1

クラシックからモダンまで、
懐の深い品揃え

「職業柄『どんな腕時計を買えばいいのか』と聞かれることが多いのですが、最近はクロックの相談も増えました。自宅での時間をより快適に、という気持ちが強くなっているように感じます。そしてクロックのことであれば、『まずは和光に行きなさい』と勧めます。そもそも和光は、時計好きにとっては特別に楽しい場所なのです。時計ファンが足繁く通うウオッチスクエア同様、地階のクロックコーナーの圧巻さは特筆すべきです。その魅力は、日本有数と言っていいのではないでしょうか」

スケルトン仕様のクロックが充実。手巻の機械が動く様子を眺めるのは癒しの瞬間です。「ゼンマイを巻くことを楽しみとされる方が多い」という言葉にも納得。下段右から2つは温度変化を動力に動き続けるジャガー・ルクルトの「アトモス」。

「なにより驚かされ、また嬉しいのは圧倒的な数で、しかも粒よりのクロックが揃っていることです。神秘的な構造を透かしてみせるクラシカルなスケルトンの置時計を、ここではゆっくりと見ることができます。スイス、ル・ロックルの時計博物館のように人の背丈を越える柱時計が並んでいるのも、稀なことです。腕時計は1度に1本身につけるだけですが、人生の時間を彩るクロックは家の中にいくつあってもいいものです」

振り子を備えた機械式の柱時計は、ドイツの名門ウルゴス社製の名品。玄関ホールに設置すれば、建物の風格すら変えてしまうでしょう。メインの時刻表示の上にはムーンフェイズ表示を備えて、その日の月相も見せてくれます。

「振り子を持つペンドラム・クロックの魅力は、クラシカルな佇まいに限りません。モダン・インテリアに抜群に似合うスタイルの最新モデルも揃っています。薄型スリムのプロポーションにも惹かれますが、驚くべきはカチコチ音のひそやかさです。ベッドルームでも安眠を妨げない微かなリズムで時を刻み、夜間には時打ち音を止める装置も備えているのです。世界の逸品だけを集めてきたフロアは、クロックの最新モードをキャッチする素敵なショーケースです」

ドイツ・ミュンヘンを本拠地とするエルウィン・サトラー製のペンドラム・クロック。伝統的な振り子時計を現代的なデザインで見せるのは、腕時計にも通じる魅力です。設置の際には技術者が出向いて、正しく水平にセットを実施。

Trivia 2

見て、聞いて楽しい気分になる
鳩時計も見所のひとつ

SOUND

「誰でもちょっと足を止めて正時を待ちたくなるのが、鳩時計の並ぶコーナーです。期待通りにカッコウが登場して時を告げ、時計によってメロディーを奏でるとともに人形が踊ったり、汽車が走り、木こりがのこぎりを引くといった、さまざまなからくりのパフォーマンスが始まります。おとぎ話にでてくるようなドイツの黒い森=シュヴァルツヴァルトが鳩時計の発祥の地。海を越えて日本の地でも愛され続けてきました。鳩時計は、家で過ごすワクワク楽しい時間とともに、暖かな記憶を一緒に刻んでくれるでしょう」

本家ヨーロッパでも根強い人気を誇る、ドイツ製の鳩時計を常時ラインアップ。手作りで温かみのある山小屋や人・動物の表情を表現。一方、内部にはクオーツムーブメントを搭載し、正確で信頼性の高い作動性も魅力です。

一度持つとハマる⁉︎
鳩時計との付き合い方

鳩時計の魅力について、輸入に携わり、和光にも鳩時計を卸している「株式会社森の時計」の代表取締役・芹澤 庸介さんに話を伺いました。「鳩時計発祥の地、ドイツ・シュヴァルツヴァルトでは、毎年5月頃に渡り鳥であるカッコウが飛来します。越冬後に聞こえてくるカッコウの鳴き声に人々は親しみがありました。古くからあるからくり時計のひとつで、機械式もお選びいただけます。手作りされた時計としての価値はもちろん、各ご家庭の大切な家族の時間が刻まれていく大切なインテリアという側面も。片手で持てるほどの小さなサイズから大型のものまでさまざまなサイズで作られています。用途や贈り先が飾りたいスペースがわかっていると選択がしやすいですね。ネームプレートなども付けられるので、記念になると思います」

「株式会社森の時計」の代表取締役・芹澤 鳩さん
Trivia 3

ギフトに好適、
ミニクロックの選び方

「思わず手に取りたくなるのが、ミニクロックやトラベルクロックの数々です。ウォールクロックだけでなく、和光には和光企画のクロックが豊富に揃っています。意外かもしれませんが、実は価格も手頃。1万円以下からあるのです。お祝い事のギフトには最適で、名入れができるモデルも多数あります。自分のためだけの文字が刻まれたクロックが、和光の包装紙でラッピングされて贈られるとしたら、非常に嬉しいサプライズでしょう」

ミニクロックは、企業の贈答品だけでなく個人的なギフトとしても、もらって嬉しい品。贈る相手の好みを想いながら、豊富なバリエーションから選ぶことができます。和装で観劇に出掛けるのには絶好の、帯に挟めるルーペ付きの提げ時計なども揃っています。

「ノーブルなだけでなく、モードなデザインが目移りを誘います。興味を引かれるのは、正調のアールデコ・スタイルのクロックが揃っていたことでした。ヨーロッパの骨董店でもなかなか見つからない1920~30年代のスタイルが、まっさらな新品として現れたことに心が動きます。現在の和光本店が建てられたのは1932年といいますから、まさにアールデコの爛熟期にあたるのです。ネオ・ルネッサンス様式の本店ビルで遭遇した、本物の歴史のレガシーを、心に刻みました」

多彩なクロックのデザインが花開いたアールデコ期を彷彿とさせるような、魅力的な品の数々が和光には揃っています。文字を入れたプレートの貼付や本体への文字入れも可能なモデルを豊富にラインアップ。

Trivia 4

クロックもきちんと
メンテナンスできる体制が整っている

「和光は、クロック修理が可能な工房と強固なパートナーシップを築いています。その工房には、時には古いクロックの修理依頼の相談を受けることもあるそう。その際、部品がないものに関しては、新たに部品を作り直して修理する場合も。そんな万全のサポート体制が整っているから、安心してクロックが買えます。和光のクロック売場なら、一生もののお付き合いをすることができるのではないでしょうか」

STAFF’S VOICE

クロック担当 渡邊 幸恵

「クロックには、ご自宅のインテリアを華やかに見せるなどの効果があります。クオーツ式のものも充実していて、腕時計選びとは異なる面白味があると思います。グループ会社のセイコーの協力体制も整っており、安心してお買い求めいただけます。また和光の場合、売場と仕入れの連携が密なので、売場にお寄せいただいたお客様の声をお品に反映させやすいのもの特徴です。豊富な品揃えの中よりぜひお選びください」

お取り扱い店舗

本店地階

毎日を豊かに彩るインテリアやギフトアイテムが充実。室内装飾品や テーブルウエア、クロック、ベビーギフト、絨毯などを取り揃えています。ゆっくりと充実のラインアップをお楽しみいただけます。

SHARE

NEXT

“アショカ”のジュエリーコーディネ..

PREV

お酒好きも、ノンアルコール派も楽..

BACK TO HOME
ページトップに戻る