和光ウェブマガジン

INDEX 07

2021.7.30

  • グルメ

  • # スウィーツ

  • # パフェ

  • # 期間限定

このおいしさは正義

ティーサロン名物、
「和光のパフェ」図鑑

銀座の街を見下ろしながら、旬のフルーツのパフェをいただく。
そんな贅沢なティータイムを過ごせるのは、和光のティーサロンならでは。
上品で軽やかで、思わずおかわりしたくなるパフェの魅力に迫ります。

ティーサロン開店当初からの
定番パフェは、通年で楽しめる

ティーサロンができた当初からあるのがこのチョコレートパフェ。パフェのなかでは唯一、一年を通して楽しめる定番メニューです。チョコレートの色々なおいしさを味わってほしいとパティシエが考え抜いたパフェは、ソース、クリーム、アイスクリームとチョコレート尽くしの中に、酸味のあるバナナのピューレや食感が心地よいナッツなどを織り交ぜ、最初から最後まで飽きずに食べられる工夫がほどこされています。いつ食べても、何度食べても、新鮮な喜びをもたらしてくれる人気者です。

PATISSIER’S VOICE

チョコレートをたっぷりと使っていますが、全体の印象は軽めに仕上げています。後味がさっぱりとしているので、お食事を召し上がったあとに完食される方も多いですよ。

定番!
「チョコレートパフェ」税込¥2,100

PATISSIER’S VOICE

チョコレートをたっぷりと使っていますが、全体の印象は軽めに仕上げています。後味がさっぱりとしているので、お食事を召し上がったあとに完食される方も多いですよ。

数量限定
「白桃パフェ」税込¥2,600

みずみずしい白桃をまるごと
ひとつ使った贅沢な仕立て

7月末から8月中旬までの限定で提供する白桃パフェは、完熟の白桃をまるごとひとつを使った贅沢な一品です。桃は、注文が入ってから皮を剥いてカットするので、フレッシュそのもの。まず最初に桃そのものをたっぷりと楽しんだら、バニラアイスクリームでひと呼吸おいて、次はほんのり洋酒が効いたグラニテ、そしてソルベ。クリームで舌を落ち着けたら、最後に待っているのは、桃のシロップで和えた角切りの果肉。最初から最後まで、桃を存分に堪能できるパフェです。

PATISSIER’S VOICE

桃は繊細なので、心を込めて丁寧に扱っています。傷つけないように皮を剥いてカットするのはなかなか大変ですが、お客様が「わあ!」と喜んでくださったときは最高に幸せです。

期間限定
「メロンパフェ」税込¥2,300

見た目にも麗しい
”映えるメロンパフェ”

ころんとかわいらしい2色のメロンが印象的なパフェは、味はもちろんのこと、「映える」パフェとしても話題です。顔を近づけると、甘いメロンの香りがふわり。ココナッツのアイスクリームがメロンの味を引き立てて、まさに夏のデザートそのもの。グリーン、オレンジ、白という色の組合せも爽やかで、暑い日にはこの佇まいが目にも涼を運んでくれます。お客さまからは「おかわりできるくらい軽くておいしい」と評判のパフェ。ぜひ一度お試しください。

PATISSIER’S VOICE

メロンパフェをお席に運ぶと、お客さまから笑顔がこぼれる。そんな魅力のあるパフェです。メロンとココナッツの相性が抜群で、一度食べたらまた食べたくなる味。スタッフの間でも人気です。

ティーサロンの一番人気、
メロンパフェができるまで

季節ごとに変わるパフェのなかで、もっとも人気があるのがメロンパフェ。この見た目にも愛らしいパフェ、一体どうやってできているのでしょう? 厨房にお邪魔してメイキング風景を見てきました。オレンジ色の液体は、メロンシロップ。カットしたメロンと合わせて器の底に入れます。バニラアイスを置いて生クリームを絞ったら、白ワインの香りをまとったグラニテをたっぷり。ココナッツ風味の生クリームとアイスクリームを盛り、仕上げにグリーンとオレンジのメロンボールを並べたら、キュートなパフェのできあがり!

秋の味覚をふんだんに取り入れた
季節限定パフェもお楽しみに

予告!
「葡萄パフェ」税込¥2,500
「マロンパフェ」税込¥2,300

季節ごとのフルーツや食材を使って提供するパフェは、「次は何かしら?」と毎回楽しみしてくださるファンが多いメニューです。夏の白桃とメロンのあとは、こちらも人気の「葡萄パフェ」(写真左)と「マロンパフェ」(写真右)。葡萄パフェにはヨーグルトクリームを合わせ、チョコレートクランチやチュイルをあしらいます。マロンパフェは、黄栗と渋皮煮を贅沢に使い、サクサクのフィアンティーヌやアールグレイのジュレを使って秋らしい味に。秋が来るのが今から待ち遠しくなりそうです。葡萄パフェは9~10月、マロンパフェは10~11月の期間限定の予定です。

PATISSIER’S VOICE

葡萄のパフェは、夏から秋への季節の移り変わりを感じていただける味わい。マロンパフェには少し濃厚な味も入れています。美食の秋をパフェで楽しんでください。

PROFILE

グランシェフ パティシエ兼シェフショコラティエ

小熊亮平

フランスとベルギーでのパティシエ経験を持ち、2019年の「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」ではチームで2 位、個人のアントルメ・グラッセ部門では1位を獲得。現在は約30名のチームを率いる。「パフェは、その時その場で楽しむデザート。テイクアウトのお菓子とはまた違う楽しさがあります。足を運んでいただく価値のあるパフェを自負しておりますので、ぜひティーサロンにお越しください。お待ちしております!」

お取り扱い店舗

アネックス2階 ティーサロン

シックな色調でしつらえた大人のためのティーサロンです。旬の素材や季節に合わせた期間限定デザートをはじめ、そば粉のガレットやサンドイッチといった軽食をお楽しみいただけます。

SHARE

NEXT

江戸切子を日常づかいして24時間涼しく過ごす

PREV

グランドセイコーブティックフラッグシップ和光の歩き方

BACK TO HOME
ページトップに戻る