和光ウェブマガジン

INDEX 09

2021.7.30

  • ファッション

  • # 渋沢栄一

  • # 紳士の正装

渋沢栄一が創業したトーキョーハット

日本人こそかぶるべき帽子を、
和光で発見

2024年に新一万円札の顔になる渋沢栄一は、いまドラマでも話題の人物。
その渋沢栄一が創業した帽子のブランドをご存知でしょうか。その名もトーキョーハット。
「生活様式の近代化」の象徴として、渋沢の想いがつまった帽子ブランドの魅力に迫ります。

創業者自らが愛したボーラーハット

渋沢資料館所蔵

1892年に渋沢栄一によって、日本初の製帽会社「東京帽子株式会社」が創業されました。欧米列強との不平等条約を結ぶことになった後、明治維新を経た日本。日本人の自信と誇りを取り戻すべく、渋沢は近代化に奔走したといいます。そのような時代に、欧米での紳士のシンボルとしての帽子の価値を知り、いち早く日本に帽子の文化を取り入れたのです。その精神をいまに受け継いでいるのが、まさにこのトーキョーハットなのです。なかでも、彼はボーラーハットをこよなく愛したと言われています。現存する写真の多くは、この型を着用しているそう。

渋沢栄一が生涯にわたって愛用したボーラーハット。
季節を問わずこのモデルをとくに愛したのは、ボーラーハットが西洋紳士の正装に欠かせないものだったからです。
「ボーラーハット」 税込¥63,800(本館4階)

ブリム(ひさし)の縁をくるっと巻き込んでいるのがボーラーハットの最大の特徴。U字状のロールは、唯一無二の意匠。いまではこの工程を担える職人がほとんどいないため、生産できる数量もかなり限られています。同色のトリミングもさりげないあしらい。

こちらのモデルは、藍染のカスタムリボンを上記ボーラーに巻きつけた仕様。なぜ藍だったかというと、渋沢栄一の生家は藍染めの染料となる藍玉の製造販売などを営む豪農だったから。知る人ぞ知るストーリー性がこのトーキョーハットの遊び心であり、矜持でもあります。

「藍染カスタムリボン」 税込¥6,600
◎8月11日(水)発売

サステイナビリティーにもこだわった、
究極の「関連企業の異業種コラボレーションハット」

Limited model image
「OJO+」 税込¥16,500(本館4階)

この帽子に使われている「OJO+(オージョ)」とは、和紙を細かく割き、こより状から糸にしたものを織り上げた紙の糸。これをつくっているのが王子製紙から誕生した王子ファイバー。トーキョーハットも王子製紙も渋沢栄一が創業に携わっている会社。まさに、創業者渋沢の想いを受け継ぐ、究極のコラボレーションアイテムといえるでしょう。共地の携帯袋が付属し、折りたたんで持ち運びができるのもうれしい。リバーシブル仕様になっていて、裏地はチェック地。

「OJO+」の原料はマニラ麻。より強靭で上質とされる南米エクアドル産の麻を原料とする紙からできた糸。和紙糸は強いだけでなく、軽くて、毛羽が少なく、しかも吸水性・速乾性に富む。まさに帽子にうってつけの素材。しかも、糸を焼却しても有害物質が発生せず、生分解されます。地球を次世代につなげる夢のエコロジー素材。

Variation image
カラーバリエーションでネイビーもご用意。世代を問わず、幅広い人にお試しいただけます。折りたたみの袋に入れて、旅行などに携行したいもの。
「OJO+」 税込¥16,500(本館4階)

バリエーション豊かな、秋冬の新作

左上/バケットハット 税込 ¥13,200 右上/中折れハット 税込 ¥19,800 左下/レザーキャップ 税込 ¥27,500 右下/ベンタイルキャップ 税込 ¥14,300

左上/深めのキルティング素材ゆえに、被る方の年齢を選ばないオールマイティーなリバーシブルハット。「OJO+」とナイロンを混紡。毛羽がほとんど立たず、軽いのが特徴。右上/ウールにOJO+を混紡。一見すると、普通のウール素材だが、OJO+をブレンドしているため通気性が高い。日本人の頭の形に合う中折れハット型。左下/上質な牛革で仕立てられたキャップは、ソリッドな質感とパンチング加工を組み合わせているのが特徴。レザー=蒸れるという印象を覆すキャップ。こちらの帽子も、ライニングにキルティングが用いられていて、適度な保温性を約束 右下/高機能コットンの「ベンタイル」素材を使用したキャップ。後頭部に配されたレザーがアクセントに。コットン100%ながら超高密度に織り上げることで、耐水・撥水性と透湿・通気性を両立。

8月11日(水)~22日(日)の期間、
和光ホールで渋沢栄一展を開催!

渋沢栄一展 -渋沢栄一の遺したもの、その発展- についてはこちら

Buyer’s Comment

紳士用品担当 大久保拓真

帽子以外にもバッグやレザー小物、傘やステッキなどを担当。自身、OJO+のベージュのハットを愛用。「見た目の完成度の高さに加え、機能性の高さもトーキョーハットの魅力です。常日頃から帽子をかぶられている方はもちろん、はじめて帽子にチャレンジされる方にも試していただきたいです。なかでも、日本人の頭の形を知り尽くしたトーキョーハットがつくるティアドロップハットはおすすめ。比較的高さが低いため、欧米人に比べ平坦で、丸い頭の日本人によく似合います」

お取り扱い店舗

本館4階

オーダーメードや選び抜かれたアイテムなど、こだわりの紳士洋品が勢揃い。紳士服、服飾品のほか、メガネの取扱もございます。ロータリー用品、商品券のお求めもこちらでどうぞ。

SHARE

PREV

江戸切子を日常づかいして24時間涼しく過ごす

BACK TO HOME
ページトップに戻る