閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」

2017年4月21日(金)

~

2017年4月30日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2017年4月の展覧会

  • 工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

    工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

    2017年4月1日(土) ~ 2017年4月16日(日)

    最終日は17:00まで

    昨春、ご好評をいただいた重要無形文化財保持者(人間国宝)による展覧会を今年も開催します。最高の技によって至高の美を生み出す、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形といった日本の工芸分野を代表する41名が、今の時代に即した新たな価値観に拠って立つ作品を展示します。 今展に臨む思いを出品作家のおひとりである木工藝作家の須田賢司氏に伺いました。 「日本における工芸はまず実用として存在し、そのうえで『美しきもの』『めでたきもの』だったのです。たとえば尾形光琳の『燕子花図』は今でこそ「絵画」に分類されていますが、まずは屏風という調度、そこに付けられた模様が鑑賞の対象...

    この展覧会の詳細を見る

  • 矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」

    矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」

    2017年4月21日(金) ~ 2017年4月30日(日)

    最終日は17:00まで

    『柔』(186×141㎝) 当代、女流書家の第一人者である矢萩春恵さんが、和光で4年ぶり5回目となる個展を開催されます。作品の奥深い魅力はもちろん、そのたおやかさで独自の道を切り拓いてきた姿勢は長年、多くのファンに支持されてきました。 待望の今展のテーマは「お・と・こ・ぎ」。生誕150年を迎えた夏目漱石や、武蔵坊弁慶、西行、世阿弥ら男性七名に由来した一文と、男性の気概を連想させる言葉22を、矢萩さんが選りすぐり、したためた作品を発表します。 「今の男性はみなさん優しいでしょう。でも、芯のところに強さがないと、真の意味では優しくはなれません。昔はそういう強...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。