閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2017年3月の展覧会

  • ―画業50年の歩み─ 村居正之日本画展

    ―画業50年の歩み─ 村居正之日本画展

    2017年3月3日(金) ~ 2017年3月12日(日)

    最終日は17:00まで

    惹き込まれるような群青色の絵で知られる日本画家・村居正之氏。画業50年にあたる節目の本年、集大成として作品集も出版され、和光では7年ぶり、8回目の個展が開催されます。「今回は回顧展という形で過去の作品も含めて大小約50点を展示するので、一人の人間が半生をかけてしてきた仕事、生き様みたいなものを見ていただけたらと思います」。 小、中学校での恩師との出会いから絵に興味を持ち、京都で当時唯一美術工芸科がある高校(京都市立日吉ヶ丘高校)で日本画を専攻。卒業後、21歳で池田遙邨氏に師事し、画家の道を歩み始められました。 ギリシャの建物の白と海・空の青のコントラスト...

    この展覧会の詳細を見る

  • コスチュームジュエリー展 ―小瀧千佐子コレクション─

    コスチュームジュエリー展 ―小瀧千佐子コレクション─

    2017年3月15日(水) ~ 2017年3月20日(月)

    最終日は17:00まで

    <参考出品> ミリアム・ハスケル ネックレスとブローチ 1920年代後半~1960年代前半は、女性たちがコルセットから解放され、自由な服装とライフスタイルを求め始めた時代です。この時期、ファッションの舞台に登場し、女性たちを一気に魅了したのが、自在な素材を使った、ダイナミックなデザインのコスチュームジュエリーでした。現在では世界に数名しか存在しない、この限られた時期のコスチュームジュエリーのコレクターである小瀧千佐子さんは、コレクター歴40年以上。「もともとはベネチアガラスの美しさに惹かれ、よくヨーロッパ各地のアンティークのマーケットを歩きました。そうし...

    この展覧会の詳細を見る

  • 三田村有純漆藝展「金彩漆黒」-新たな地平を見つめて-

    三田村有純漆藝展「金彩漆黒」-新たな地平を見つめて-

    2017年3月23日(木) ~ 2017年3月29日(水)

    最終日は17:00まで

    「これまでは〝ものつくり”としての助走期間だったと捉えています。常に変化し続けてきましたが、ここからさらに大きく変化して、新たな〝ものつくり”をスタートさせたいのです」と漆芸家三田村家の三代目であり、江戸蒔絵赤塚派の十代目でもある三田村有純氏。2016年の日展で内閣総理大臣賞を受賞、さらに2017年3月末に東京藝術大学の教授を退任されます。 「ものつくりという言葉には、ものを作るだけではなく、新しい文化をつくっていきたいという願いを込めています。私は、藝術こそが人に生きる力を与え、藝術こそが世の中を強くしていくと考えているのです」。 そんな三田村氏の新た...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。