閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2016年9月の展覧会

  • -有田焼創業400年記念-有田の現在(いま)・多様な美

    -有田焼創業400年記念-有田の現在(いま)・多様な美

    2016年9月2日(金) ~ 2016年9月11日(日)

    最終日は17:00まで

    伝統の力が 才能を開花させる 今から400年前、有田の泉山で良質の磁器原料が発見され、日本で初めて、白くて硬く透光性のある磁器が誕生した。有田はそれ以来日本の磁器の中心的な生産地として発展し、高度な技術と豊かな感性で数々の名品を生み出してきた。このたびの作品展では7人それぞれの磁器の美が表現されている。これらの美は作家達が意識しなくても、作品の背景には有田焼の輝かしい歴史があり、それが彼らの作品をより一層深みのあるものとしている。十四代 今泉今右衛門氏は、色鍋島の様式美を独自に展開し、色絵磁器の技術保持者として人間国宝に認定され、墨はじき技法を軸とした多...

    この展覧会の詳細を見る

  • 武腰 潤の世界-色絵磁器・平成の彩り-

    武腰 潤の世界-色絵磁器・平成の彩り-

    2016年9月16日(金) ~ 2016年9月25日(日)

    最終日は17:00まで

    線描と色釉の究極の美 現代九谷の新世界 路傍の烏 八角絵皿(45.8×45.8×高さ8㎝) 斬新な構図と躍動的な絵付け、さらに自ら釉薬の研究を重ね、これまでの九谷焼には見られなかった豊かな色味を実現し、九谷焼の新しい世界を拓いた武腰 潤氏。九谷彩色金襴手の名窯・泰山窯の四代目に生まれ、金沢美術工芸大学では日本画を学んだ氏ならではの、美しい線描は国内外から高い評価を得ています。「花鳥風月は古今永遠のモチーフではありますが、現代に甦らせたように描きたい。自分の心を鳥たちに見立てながら、擬人化した鳥たちを表現できればと筆を持っております」。力強い野生味を放ちつ...

    この展覧会の詳細を見る

  • 華麗なるロブマイヤーの世界─時代を支えたアーティスト グラスからシャンデリアまで─

    華麗なるロブマイヤーの世界─時代を支えたアーティスト グラスからシャンデリアまで─

    2016年9月29日(木) ~ 2016年10月3日(月)

    最終日は17:00まで

    シャンデリア「ドンハウザー」 税込¥5,400,000(直径68×高さ40㎝) 1823年に創業したオーストリアのガラスブランド「ロブマイヤー」。そのシャンデリアは、世界の王宮をはじめ、オペラハウスや教会などの名建築を飾り、「光の彫刻」と称されて世界的な評価を得てきました。シャンデリアを構成しているガラスのパーツには、丁寧なハンドカットや、ゴージャスなダイヤモンドカット、光を抑えたサンドブラストなどの装飾がほどこされており、絶妙な光のハーモニーを作り上げているのもロブマイヤーの特長です。今回は、ロブマイヤーのその栄光の軌跡をともに描いてきた芸術家とコラボ...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。