閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

中里 隆 作陶展

2020年9月17日(木)

~

2020年9月27日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2020年9月の展覧会

  • -Appreciation-77th Anniv. 日野皓正 アートの世界

    -Appreciation-77th Anniv. 日野皓正 アートの世界

    2020年8月25日(火) ~ 2020年9月1日(火)

    最終日は17:00まで

    日本を代表する世界的ジャズトランペッターの日野皓正さん。1975年に活動拠点をニューヨークに移して以来、アメリカに住み、世界各地で活躍されています。 20年ほど前、ゴルフに夢中になっていた日野さんに奥様が「あなたは芸術家なのだから、絵でも描いてみたら」とおっしゃったそうです。これがきっかけとなり、長時間のフライトやステージの楽屋で絵を描き始めました。「そのうち、常にスケッチブックを持ち歩いて、暇さえあれば下図を描き、家に戻って本画として完成させるようになりました」。これまでに何度も個展を開かれています。 「僕は絵を勉強したことはありません。1本の線を描く...

    この展覧会の詳細を見る

  • 村瀬治兵衛 漆の仕事―木に導かれるかたち―

    村瀬治兵衛 漆の仕事―木に導かれるかたち―

    2020年9月4日(金) ~ 2020年9月13日(日)

    最終日は17:00まで

    木地師として江戸時代から続く村瀬家。初代 村瀬治兵衛が、北大路魯山人と出会ったことにより、「ざんぐり」とした大胆な作風が生まれ、漆塗りもほどこすようになりました。三代目村瀬治兵衛さん(木地師としては七代目)もその手法を踏襲されています。さらに近年、国内外でアート作品として高い評価を受ける村瀬さんの和光で初となる展覧会を開催します。 厳選した木を用い、特性を見極める眼と修練してきた技で、作品を生み出しています。近年、学生時代から培ってきた彫刻的要素を加味したことで、その造形美にも注目が集まります。例えば「銀彩阿古陀形水指」は、ベルギーの美術館で観た作品から...

    この展覧会の詳細を見る

  • 中里 隆 作陶展

    中里 隆 作陶展

    2020年9月17日(木) ~ 2020年9月27日(日)

    最終日は17:00まで

    唐津焼の名門、十二代中里太郎右衛門さんを父に持つ、陶芸家・中里 隆さんの和光で初めてとなる個展を開催します。 中里さんの作品は、一人の陶芸家が同じ時期に生み出したとは思えないほど多彩で、今展への出品作を見ても、唐津の範疇にとどまらず、緑釉、青白磁とさまざまです。その背景には、何事にもとらわれない中里さんの大らかさと、世界各地で作陶に取り組まれていることがあります。「ことさらに変えようとしているわけではありませんが、場所が違えば、土と釉薬との組合せ、もの作りの環境、周囲の人からの影響などで、やはり作品には違いが出ますね」とおっしゃいます。 中里さんは30歳...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。