閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

鉄絵銅彩 神谷紀雄陶展

2020年7月2日(木)

~

2020年7月12日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2020年7月の展覧会

  • 鉄絵銅彩 神谷紀雄陶展

    鉄絵銅彩 神谷紀雄陶展

    2020年7月2日(木) ~ 2020年7月12日(日)

    最終日は17:00まで

    ◎神谷紀雄さんによるギャラリートーク(7月4日(土)14:00~)の開催を中止とさせていただきます。 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 作家の人柄そのままに。おおらかな「鉄絵銅彩」。鉄で絵を描き、銅で彩色するこの技法は、陶芸家・神谷紀雄さんの代名詞。このたび、神谷さんの和光で20回目となる個展を開催いたします。 「回を重ねるごとに、続けることの大切さ、そして難しさを感じています。“繰り返しは後退である”という言葉を戒めとして、自分の中に新しい何かを見つけたいと常に探していますが、まだ見つけられていないようにも感じています」。 今回のテーマは...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

  • 薄田東仙刻字展─People 人間賛歌・陽はまた昇る─

    薄田東仙刻字展─People 人間賛歌・陽はまた昇る─

    2020年7月15日(水) ~ 2020年7月22日(水)

    最終日は17:00まで

    「刻字」という芸術のジャンルをご存知でしょうか。書いた文字を造形的な形として捉え、それを板に刻み、彫ることでレリーフ状の立体作品として表現します。それに色を着けたり、金箔をほどこしたりするもので、書の一つの分野として確立されています。 このたび、和光では日本刻字協会会長でもある薄田東仙さんの初めての個展を開催します。薄田さんは、東京で過ごした大学時代に、青山杉雨さん、長揚石さんに師事し、書と刻字に夢中になりました。「自分で書いたものを自分で彫り上げる。まるで我が子を生み出すようで、とても嬉しくて」と振り返ります。「書いた文字を彫ることによって、より印象深...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。