閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2017年1月の展覧会

  • 現代の書新春展 ─今いきづく墨の華─

    現代の書新春展 ─今いきづく墨の華─

    2017年1月5日(木) ~ 2017年1月11日(水)

    最終日は17:00まで

    仲川恭司書「瑞鳥」(ずいちょう) 戦後すぐの1948年から始まった「毎日書道展」は国内最大の書道展で、今年69回を迎えます。そのうち、最高峰の書家27人の新作を展示する「現代の書新春展」は、和光ホールの新春の風物詩です。“新しい時代の書道展”をテーマに、今回も「漢字」「かな」「近代詩文書」「大字書」「篆刻」「刻字」「前衛書」という7部門で作品を募りました。前年の毎日展で文部科学大臣賞を受賞された毎日書道会理事の仲川恭司氏は、漢字やかな1字か2字を書く大字書部に所属していて、作品「瑞鳥」を出品されました。「表意文字である漢字は1字だけでも情景が立ち昇ります...

    この展覧会の詳細を見る

  • 記憶のなかの宝もの

    記憶のなかの宝もの

    2017年1月20日(金) ~ 2017年1月29日(日)

    最終日は17:00まで

    記憶には、心の箱から簡単に取り出せるものとそうでないものとがある。あとのほうの記憶は、大切にあるいはぞんざいに箱の中にしまわれていて、たとえば、古い写真や日記を見たり、昔なじみの人やものごととゆくりなく再会したときに突然よみがえったりする。要するに、思い出すのにきっかけとか工夫が必要なのだが、忘れていたくせに胸にじんとくるのはこちらのほうだったりするから不思議だ。 「記憶のなかの宝もの」展のテーマは、「わたしが子どもだったとき」。6人のメンバーが幼少時の記憶やエピソードをもとに制作し、舞台を6つに分けて作品を披露する約束になっている。さらに各作家が「星の...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。