閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2019年1月の展覧会

  • 現代の書 新春展-今いきづく墨の華-

    現代の書 新春展-今いきづく墨の華-

    2019年1月3日(木) ~ 2019年1月9日(水)

    初日は12:00~18:00 最終日は17:00まで

    1948年から続く国内最大規模の書道展「毎日書道展」は節目の70回を迎えました。今回も「漢字」「かな」「近代詩文書」「大字書」「篆刻」「刻字」「前衛書」の7部門の中から、最高峰の書家24人の作品を展示する「現代の書 新春展」を和光ホールで開きます。 同展で文部科学大臣賞を受賞した日本書道美術院理事長で毎日書道会理事の鬼頭墨峻さんは「漢字部」に所属しており、古代中国の説話集「世説新語」の「識鑑篇第七」の一節を出品されました。「中国の古い文学に惹かれて、ここ10年ほど『世説新語』に向き合っています。字の大小や、墨の潤渇といった変化を、一つの作品の中でどう造形...

    この展覧会の詳細を見る

  • 海からの神秘の贈りもの-珊瑚と真珠 ジュエリー展-

    海からの神秘の贈りもの-珊瑚と真珠 ジュエリー展-

    2019年1月12日(土) ~ 2019年1月20日(日)

    最終日は17:00まで

    日本が誇る“海の2大宝石”、珊瑚と真珠。今回は特に珊瑚に焦点を当てた、価値ある催しが実現します。 宝石珊瑚と格づけられる上質のものは極めて稀少のなか、今展では世界でも最高クラスの珊瑚の生産地として名高い高知県産で、なかでも究極のカラーといわれ人気の高い“血赤”のお品など数多く揃えることができました。日本産の珊瑚には“斑”と呼ばれる白色の部分が見られることが多いのですが、今回は斑の少ない素材を厳選しました。幸運を呼ぶといわれる珊瑚と、“月の雫”とも称され、清らかで気品のある真珠との神秘的で静謐なるコラボレーションです。さらに大変珍しい、「拝見」と呼ばれる美...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

  • 第60回記念 日本陶磁協会賞受賞作家展-季節を彩る器-

    第60回記念 日本陶磁協会賞受賞作家展-季節を彩る器-

    2019年1月25日(金) ~ 2019年2月11日(月)

    最終日は17:00まで

    今展は、日本陶磁協会賞展が始まって第60回目に当たる記念すべき展覧会です。2017年度日本陶磁協会賞受賞の伊藤秀人さん、金賞受賞の金重有邦さんをはじめとする、歴代受賞作家約50名の優品とテーマ作品「季節を彩る器」、あわせて150点余が展示されます。 伊藤さんは、これまで磁器の練り込み作品や白瓷に取り組んできましたが、最近では青瓷を中心に作品を発表されています。そして、「古典の品格と現代の美を併せ持つやきもの」に挑戦されています。その作品は中国・宋時代の汝窯や南宋官窯を拠り所としながらも、その古典から一歩抜け出た伊藤さん独自の美しい曲線とフォルム、釉そのも...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。