閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

本日は準備中でございます。

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2019年3月の展覧会

  • 松原 賢- 日 月 空 海 図 -

    松原 賢- 日 月 空 海 図 -

    2019年2月27日(水) ~ 2019年3月5日(火)

    最終日は17:00まで

    井上 三綱 ( さんこう ) といっても、いまでは知らない人が多いかも知れない。美術評論家のエリーゼ・グリリーに現代の日本において独創的な絵画を制作する数少ない画家の1人と絶賛され、彫刻家のイサム・ノグチや画家のベン・シャーンに高く評価され、国際的に活躍した画家である。松原賢さんは、井上の晩年の愛弟子である。 松原さんは、子供の頃から独学で絵を描いてきたが、25歳の時に井上と出会い「自分の直感を信じなさい。既成の概念に捕らわれてはいけない」という師の言葉によって、画家としての人生を決意する。30代半ばから「音」をテーマに抽象作品を制作してきたが、2011...

    この展覧会の詳細を見る

  • 永守蒼穹書展 草燃ゆ - 好言の書

    永守蒼穹書展 草燃ゆ - 好言の書

    2019年3月8日(金) ~ 2019年3月17日(日)

    最終日は17:00まで

    近代詩文書を提唱した金子 鷗亭 ( おうてい ) と金子卓義から薫陶を受けた書家の永守蒼穹さん。近代詩文書や漢字書を中心とした作品を精力的に発表し、また後進の指導にも尽力されています。 3月、和光で初となる個展を開かれます。テーマは「好言の書」。好きな言葉を好きなように書きたいと自然体で語られます。人物像に憧れての源 義経、ローマ字交じりの作品、愛着のある白秋の詩など、新作を中心に出品します。 「私の書は言葉との出合いから始まります。その言葉に高ぶるものを感じると書きたくなります。言葉が意味を持つからこそ、表現した際の美しさが高まるのです」。文学作品や新...

    この展覧会の詳細を見る

  • 密なる世界-北陸 気鋭の四作家たち-

    密なる世界-北陸 気鋭の四作家たち-

    2019年3月21日(木) ~ 2019年3月31日(日)

    最終日は17:00まで

    伝統工芸を根底に、独自の表現を豊かに醸成させた作家の台頭が目覚ましい北陸地方。この地に制作の拠点をおく、漆芸、陶、ガラス、金属の4分野の工芸作家の作品が一堂に会する展覧会「密なる世界」がこの春、開催されます。同会場で開かれた「北陸発 工芸未来派」から約3年。漆は山村慎哉さん、陶は水元かよこさん、ガラスは塚田美登里さん、金工に新たに釋永 維さんを迎え、それぞれの素材特性と高度な伝統技を背景に、個性豊かに美を追求した工芸作品が集います。 山村さんは、漆芸の伝統的な加飾技法を駆使し、貝、卵、金属などの素材による縞や輪、四角などの極めて簡潔な模様を究極に追求。そ...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。