閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

藍白妙 德澤守俊 耀変妙 德澤光則

2018年11月9日(金)

~

2018年11月18日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2018年11月の展覧会

  • 第2回 美の魁け-日展の現代-

    第2回 美の魁け-日展の現代-

    2018年10月26日(金) ~ 2018年11月4日(日)

    最終日は17:00まで

    111年を迎えた日本美術展覧会「日展」の作家作品が和光に集合 「日展」の開催に先駆けて、昨年に続き、日展の顧問や理事などによる作品70余点を集めた2回目となる今展を開催いたします。日展は日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の五部門がある日本最大の総合公募美術展です。全国から一万点以上の応募があり、選ばれた約3,000点の作品は毎年11月に六本木にある国立新美術館に展覧されます。「昨年はおかげさまで銀座の和光ホールで日展作家の小品の展覧会を開催していただき、日展を応援してくださる方はもちろんのこと、和光さんをお好きな方も、初めてご覧になる方も含めて沢山の方々に...

    この展覧会の詳細を見る

  • 藍白妙 德澤守俊 耀変妙 德澤光則

    藍白妙 德澤守俊 耀変妙 德澤光則

    2018年11月9日(金) ~ 2018年11月18日(日)

    最終日は17:00まで

    「温故知新」という有名な四字熟語があります。德澤守俊さんは、「温故創新(故きを温ねて、新しきを創る)」をモットーに作品を制作されています。「知新」を「創新」に変えたところが、守俊さんらしいと思います。この「創新」の姿勢は、ご子息の光則さんにもしっかり受け継がれています。 これまで、唐津焼の多くの作家が古唐津の陶片を師とし、その技法や造形を学んできました。守俊さんは、人間国宝・十二代 中里無庵さんに師事し、独立後は福岡県須恵町皿山に割竹式登窯を築窯します。茶陶は、表千家の茶人であった父・成信さん(不洞庵)に学びました。守俊さんの根底には、茶の湯の精神があり...

    この展覧会の詳細を見る

  • Anthology 12作家のジュエリー展

    Anthology 12作家のジュエリー展

    2018年11月21日(水) ~ 2018年11月25日(日)

    最終日は17:00まで

    デイリーに楽しめる、自分だけの特別なジュエリーをお探しの方におすすめの催しを開催いたします。今回は、国内外で活躍をする気鋭のデザイナーによる手作りの一点ものから、デザインから制作まで一貫して仕上げるマニュファクチュールブランドまで、さまざまなテイストのジュエリー、アクセサリーを選りすぐりの12ブランドでご紹介します。アンティークやクラシカルな素材を取り入れたヴィンテージ調のデザイン、和の細やかな技法や和のモチーフをグローバルな解釈で表現したクラフト感あるデザイン、さらにミニマルでコンテンポラリーなデザインが魅力的なジュエリーまで、その個性は多彩で「私のた...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。