閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

武腰 潤展-彩りの磁-

2019年9月20日(金)

~

2019年9月29日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2019年9月の展覧会

  • 金澤翔子展―魂の書・共に生きる―

    金澤翔子展―魂の書・共に生きる―

    2019年8月23日(金) ~ 2019年9月1日(日)

    最終日は17:00まで

    NHKの大河ドラマ『平清盛』で題字を担当したことでも知られる書家・金澤翔子さんの和光で初となる個展を開きます。 「元気とハッピーと感動を伝えたくて、心を込めて書きました」とおっしゃる金澤さん。今展のテーマは、ライフワークにもなっている『共に生きる』。 翔子さんの母で書家の泰子さんが言葉を継いでくれました。「東日本大震災の時にテレビを観ていた翔子が『私も助けに行く』と涙を流しながら言ったんです。できないことも多いけれど、彼女の心はいつでも、どんな人とも、あらゆる自然、動物や植物と共にあるのです。それが『共に生きる』ということではないでしょうか」。 今展は大...

    この展覧会の詳細を見る

  • 東田茂正陶展

    東田茂正陶展

    2019年9月5日(木) ~ 2019年9月16日(月)

    最終日は17:00まで

    海外での個展も多く、海外の美術館のパブリックコレクションにもその作品が多数納められている陶芸家の東田茂正さん。武蔵野の雰囲気が色濃く漂う自然の中に佇む和風モダンな建築で、伝統的な志野・織部のやきもの作りに情熱を傾けられています。 「土の質感を活かした造形、それを引き立たせる釉、その色調を最大限に引き出す焼成法。これらの要素をいかに調和させて作品を仕上げるかというところに、私の作品の本質があります」。 轆轤 ( ろくろ ) を使った成形はほとんど行わず、土の塊から形を削り出した後、内側を 刳 ( く ) り貫く技法を取られています。「木や石ではできない、土...

    この展覧会の詳細を見る

  • 武腰 潤展-彩りの磁-

    武腰 潤展-彩りの磁-

    2019年9月20日(金) ~ 2019年9月29日(日)

    最終日は17:00まで

    卓抜した画力に独創的な造形、独自に編み出した九谷色絵の美しさが国内外で高い評価を集める武腰 潤さん。金沢美術工芸大学で日本画を学んだ後、偶然立ち寄った東京国立博物館で古九谷と運命的な出合いを果たし、衝撃を受けたことをきっかけに作陶の道へ進みました。以来、九谷焼の独自表現を強く意識し、造形の美しさを追求した素地造りから100を超える釉薬の創出まで、制作にかかるすべてを自らの手で生み出し、進化を続けてきました。 そして古希を過ぎた今、次なる挑戦が始まっています。きっかけは、2018年に自らが館長を務める九谷焼美術館(石川県加賀市)で、古九谷の里帰りと銘打って...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。