閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

Anthology 14作家のジュエリー展

2019年11月20日(水)

~

2019年11月24日(日)

今後の展覧会

     

    閉じる

    お問い合わせ

    お問い合わせ受付時間:
    10:30~19:00

    休業日:
    年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

    お品・サービスに関するお問い合わせ

    オンラインストアに関するお問い合わせ

    ウインドウディスプレイ

    • 「訪」

      2019年11月7日~2019年12月25日

      多くのヒト、モノ、コトが集まるクリスマスの銀座を舞台にした、和光の時計塔やチャイムにまつわる
      オリジナルストーリーを、モアレディスクというアナログな装置を応用し、
      街ゆく人々が歩きながらストーリーをコントロールする今までにないアニメーション(動画)表現を目指しました。
      1階店内でも同テーマのインスタレーションを展開しております。
      また12月5日(木)からは、東・西側の2つのウインドウでも展開いたします。

      デザイン:スズキユウリ(ペンタグラムデザイン)
      アートディレクター:武蔵 淳(和光)

    • 「合」

      2019年9月19日~2019年11月6日

      新たな価値は、掛け合わせることで生まれる。
      色に染まる。重なり合う。
      真っ白な糸が、日を追うごとに
      カラフルに変貌するインスタレーションを通して、
      Fusionの先に生まれるゆたかな世界を描きます。

      テーマとして、Fusionを掲げる秋。
      コンテンポラリーデザインスタジオwe+(ウィープラス)とのフュージョンを企てました。
      Future、Fun、Story、Beauty、Japan というFusionの5つのキーワードすべてを表現しています。

      デザイン:WAKO×we+
      アートディレクター:武蔵 淳

    • 「異」

      2019年8月22日~2019年9月18日

      秋のテーマは「Fusion(融合)」。初秋のウインドウディスプレイは、テーマの本質を、異なる要素の組合せで新しいものを生み出すチカラと捉えました。前世紀、天才造形作家によって制作されたリアルマネキンと、現代的かつ未来的な感覚の最新のアブストラクトマネキンをあえてコーディネート、調和と違和感を共存させます。また、それぞれの顔の造形を3Dスキャン、マシンで切削した巨大な凹面のオブジェを制作。Future、Fun、Story、Beauty、Japanという5つのキーワードをイメージした5つのカラーを融合させた照明演出でコンセプトを強めました。アート、ファッション、テクノロジーに着目し、時代を超える価値と、これからの時代を作る新しさ、2つの融合を目指しました。

      アートディレクター:武蔵 淳

    • 「爽」

      2019年5月23日~2019年7月31日

      夏らしく爽快なビーチサイドのシャワーシーンに登場させたのは、片足での立ち姿や紅色が美しく個性的なフラミンゴ。
      灼熱の砂浜で片足を上げたり、日焼けして皮膚が赤くなる様子を擬人化するのにうってつけだと考えました。
      カートゥーン・アニメーションのようなユーモラスなイメージでフラミンゴは泡だらけに。
      泡は特殊な素材を発泡させることで偶然性も取り込んで造形しました。

      アートディレクター:武蔵 淳

    • 「季」

      2019年4月25日~2019年5月22日

      四季のある国に生まれた喜び。私たち日本人は、季節の移り変わりに多くの美を見出してきました。
      春夏秋冬、二十四節気、そして七十二候と、わずか1週間ごとの変化をも感じとってきたのです。
      「平成」から「令和」へと大きな節目を越える今回のウインドウディスプレイでは、
      新しい時代への期待感と同時に、日本文化への愛着を表現することにしました。
      登場させたのは平和の象徴である白い鳩。
      オリーブではなく、24種の日本の花木をくわえ、それぞれの季節を告げているという趣向です。
      鳩や花木は女性作家による美しい手仕事のペーパークラフトです。

      アートディレクター:武蔵 淳

      二十四節気と花木
      立春 梅、雨水 菜の花、啓蟄 菫、春分 桜、清明 蒲公英、穀雨 チューリップ
      立夏 カーネーション、小満 紅花、芒種 スイカズラ、夏至 菖蒲、小暑 古代蓮、大暑 桐の花
      立秋 ツユクサ、処暑 キンエノコロ、白露 オシロイバナ、秋分 彼岸花、寒露 菊、霜降 紅葉
      立冬 水仙、小雪 橘、大雪 椿、冬至 千両万両、小寒 柊、大寒 福寿草
    • 「志」

      2019年3月7日~2019年4月24日

      今年ほど、新しい時代を意識する春はありません。
      そこで、新しい世界へ挑戦する人たちを応援する、そんなディスプレイを目指しました。
      インスパイアされたのは、ウィリアム・スミス・クラーク博士の言葉
      「Boys, be ambitious! 少年よ大志を抱け!」。
      丘の上の像の右手が指すものは「遥か彼方にある永遠の真理」。
      志高く旅立つイメージから、まさに飛行機が飛び立つ瞬間の浮遊感、高揚感を表現しました。

      アートディレクター:武蔵 淳

    • 「理」

      2019年1月17日~2019年2月20日

      自然の摂理には美しさがあります。
      それは合理的で動的で多様でありながら、秩序があるからではないでしょうか。
      平等で、秩序だった美しく調和する世界を願うように、
      数学的に造形した樹形を世界地図のように構成してみました。

      アートディレクター:武蔵 淳

    • 「澄」

      2018年12月26日~2019年1月16日

      東京の新年の美しさの一つに、冷たく澄んだ青空があります。
      その青空を背景に、大和絵のモチーフである「すやり霞」の雲の合間から、
      干支の亥やウリ坊が、喜び勇んでジャンプするような動きを演出しました。
      これは春に向けて新しい時代へ猪突猛進し越えていこうという勢いをあらわし、
      また、新年の風景らしい、羽子板の羽の動きを重ねたものです。

      アートディレクション:武蔵 淳