閉じる

催事のご案内

おすすめの催事

閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

画業50年記念 福田千惠展-悠久への美を求めて-

2018年6月15日(金)

~

2018年6月24日(日)

今後の展覧会

     

    閉じる

    お問い合わせ

    お問い合わせ受付時間:
    10:30~19:00

    休業日:
    年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

    お品・サービスに関するお問い合わせ

    オンラインストアに関するお問い合わせ

    展覧会のご案内 / 和光ホール

    2018年6月の展覧会

    • 井上萬二白磁展-名陶無雑-

      井上萬二白磁展-名陶無雑-

      2018年6月1日(金) ~ 2018年6月10日(日)

      最終日は17:00まで

      「 名陶無雑 ( めいとうむざつ ) 」。白磁を極めた重要無形文化財保持者、井上萬二氏がここ数年、 個展の際に掲げ、若い頃からの座右の銘でもある言葉で「よい焼物には雑味や雑念がない」という意味です。氏が30歳の頃、陶芸評論家・小山富士夫氏から贈られたもので、常に心の中にあるといいます。 「焼物を作り始めた先人は、より美しく見せようと、女性が化粧をするように染付や赤絵といった加飾をほどこしてきました。しかし、私は白磁と出合い、その美しさを追究するようになって、“形こそが美”という境地に至りました。美人なら化粧も要りません。ただし、美しいものを作るには創造す...

      この展覧会の詳細を見る

    • 画業50年記念 福田千惠展-悠久への美を求めて-

      画業50年記念 福田千惠展-悠久への美を求めて-

      2018年6月15日(金) ~ 2018年6月24日(日)

      最終日は17:00まで

      優美な佇まいの家具や骨董品に、色とりどりの花-。美しいものに囲まれて、日々、創作活動に勤しむ日本画家の福田千惠さん。事業の傍ら、日本美術刀剣保存協会の役員としての協力者でもあった父と、動物や花を愛する母の影響で、幼い頃から古美術品や動物、植物に囲まれ親しんで暮らしてきました。 作家・渡辺淳一氏の新聞連載小説の挿絵を担当して話題となったり、サウジアラビアの国王を描いたりと、華々しく活躍する現代日本画壇を代表する画家です。日展初入選の画壇デビューから50年、和光で初となる個展が開催されます。 新作「ジャンヌダルク」は、凛とした白い海芋が描かれ、見た人の心に残...

      この展覧会の詳細を見る

    本館6階 和光ホールについて

    本館6階 和光ホールについて

    和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。