閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

2018年4月6日(金)

~

2018年4月22日(日)

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2018年4月の展覧会

  • 金彩の美学  吉田幸央×鈴木秀昭

    金彩の美学 吉田幸央×鈴木秀昭

    2018年3月23日(金) ~ 2018年4月1日(日)

    最終日は17:00まで

    「ジャパンクタニ」として海外でも高い評価を受けている九谷焼。ともに九谷焼にルーツを持ちながら、なかでも金彩表現で個性際立つ2人の陶芸家の作品をご紹介します。 九谷焼の名窯「錦山窯」の四代目当主・𠮷田幸央氏は、「釉裏(ゆうり)金彩」の人間国宝である父・美統(みのり)氏から金彩を学んだうえで、淡い色を重ねてさまざまな色を表現し、金泥で線描をほどこしたり、金箔を焼き付けたりする金襴手の伝統技法を用い、新しい表現の器を制作しています。 一方、まるで細密画のように細かな筆致の模様で、器に小宇宙を表現する鈴木秀昭氏。深みのある色合いと煌びやかな金彩をうまく融合させた...

    この展覧会の詳細を見る

  • 工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

    工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-

    2018年4月6日(金) ~ 2018年4月22日(日)

    最終日は17:00まで

    伝統工芸は現在の日本文化を形作ってきた、もっとも重要な分野だと思います。長い時代を経て発展してきた伝統工芸は、現代にまで続いている日本文化を代表する一つであり、基本的なものです。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックもあと2年余り。日本を訪れる外国人は急速に増えるなど、日本への関心は高まっています。たとえば、昨年12月にジェトロから発表された中国の中間・富裕層の意識調査によると、これから行きたい国の第1位に初めて日本が挙げられました。またこれらの人々の目的は多様化し、買い物や観光地へ訪れるだけでなく、日本の日常の生活を体験しようとする人や、中でも...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

  • 牧野宗則木版画展-伝統と革新-

    牧野宗則木版画展-伝統と革新-

    2018年4月27日(金) ~ 2018年5月6日(日)

    最終日は17:00まで

    少年時代に北斎や広重に憧れ、高校生の頃から摺師のもとで修業を積み、一途に浮世絵版画の道を突き進んできた牧野宗則氏。現在も富士山を間近に望む個性的なアトリエで日々、精魂を傾けて制作を続けています。 色鮮やかで幻想的、そして自然に対する敬愛の情が溢れる氏の作品。新作「霊峰讃歌」からは富士の美しさや、それを取り巻く自然への賛美までもが感じられます。 古来、伝統木版画は絵師、彫師、摺師が各工程を担当して分業で作られてきました。牧野氏は自ら絵を描き、版木を彫り、色を摺る、いわば「一人3役」のスタイルで木版画界で唯一とも言える稀有な存在。工程は気の遠くなるような作業...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。