閉じる

展覧会のご案内 / 和光ホール

開催中の展覧会

今後の展覧会

 

閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

オンラインストアに関するお問い合わせ

展覧会のご案内 / 和光ホール

2017年8月の展覧会

  • 高麗屋三代襲名記念展

    高麗屋三代襲名記念展

    2017年8月3日(木) ~ 2017年8月9日(水)

    最終日は17:00まで

    提供/松竹株式会社 撮影/篠山紀信 来年、2018年1・2月に、歌舞伎座において37年ぶりに歌舞伎界の名門、松本幸四郎家(屋号は高麗屋)の親子孫の三代が同時に襲名されることとなりました。松本幸四郎丈が二代目松本白鸚、市川染五郎丈が十代目松本幸四郎、松本金太郎丈が八代目市川染五郎という名跡を、二世代にわたり三代揃って同時に襲名されますことは、歌舞伎界においても初めての慶事です。和光ではこれを記念して、松竹株式会社とともに「高麗屋三代襲名記念展」を開催し、お三方の歩みや代表作に因んだ展覧会を催します。36年前、1981年10・11月の歌舞伎座における、初代松...

    この展覧会の詳細を見る

  • ミーリー工房 ペルシャ絨毯展-理想郷への旅・ペルシャンブルーの世界-

    ミーリー工房 ペルシャ絨毯展-理想郷への旅・ペルシャンブルーの世界-

    2017年8月12日(土) ~ 2017年8月27日(日)

    最終日は17:00まで

    ペルシャンブルー。深みと透明感が共存する魅惑的な藍色で、ペルシャという響きと相まって、ロマンティックな印象を与える言葉です。和光で12回目となるミーリー工房の今展では、当地のモスクでも多用されているペルシャンブルーにフィーチャーした絨毯を中心にご紹介します。真夏のこの時季に、涼やかな草木染めの藍色の奥深い世界をご堪能ください。 国土の大部分が砂漠気候のペルシャ(現イラン)では、人々は渇きを癒やす川や湖に憧れを抱いています。そのせいか、絨毯にも水を表すと思われる藍色が使われています。 たとえば、下の写真の絨毯は古くポーランドの王様が購入したとされる「ポロネ...

    この展覧会の詳細を見る

    開 催 中

  • 秋を彩るジュエリーフェア

    秋を彩るジュエリーフェア

    2017年8月30日(水) ~ 2017年9月5日(火)

    最終日は17:00まで

    ジュエリーは、世代を超えて受け継がれ、愛される宝物であると同時に、時代を映す鏡でもあります。ライフスタイルの変化、そしてファッションの変化とともに歩んでいるジュエリーデザインは、永遠の輝きを保ちながら私たちの心を豊かにしてくれる大切なおしゃれアイテムでもあるのです。 秋の訪れを、ふとした風の動きや陽の傾きの中に感じる9月。おしゃれが一段と楽しくなる秋に向けて、和光ではいち早く秋の装いにコーディネートするジュエリーの数々をご紹介します。シックな色合い、時には儚げで優しく、時には芳醇で、また時にはスタイリッシュな、さまざまなテイストのジュエリーをご用意いたし...

    この展覧会の詳細を見る

本館6階 和光ホールについて

本館6階 和光ホールについて

和光ホールは、1970(昭和45)年11月の「和光美術展・工芸彫塑の部(第9回)」を皮切りに、陶芸、絵画、書をはじめとする美術工芸、宝飾、テーブルウエア、写真などの展覧会や文化催事などを行っています。展覧会は、作家と和光が長期にわたり共同で企画、準備をし、銀座を訪れる方へ芸術や文化を発信できるよう作り上げています。入場は無料。銀座へお越しの際はぜひお立寄りください。