和光でお買物

WAKO ONLINE STORE オンラインストアはこちら
和光でお買物をしていただく最大の理由は、
知識豊富な店頭スタッフとのコミュニケーションと和光にしかない本物との出合いにあります。
それは、きめ細かな会話を通して仕立てるメンズのオーダーシャツと、
使うたびに愛着が増す和光が企画開発したハンドバッグです。
「和光でお買物」の醍醐味が味わえる、
紳士と淑女のための代表アイテムは?
WAKO MEN’S

会話を重ねて仕上げる
和光のオーダーメード

和光の紳士服のオーダーメードサロンは、銀座4丁目の交差点を真下に見る絶好のポジションにあります。これは、お客様に銀座の中心でオーダーする楽しみを味わっていただくための、和光らしいおもてなしのひとつ。何よりもお客様とのコミュニケーションを大切にお仕立てするオーダーメードの中でも、気軽にトライしやすいオーダーメードシャツについてご紹介しましょう。

生地選びからフィッティングまで専任のスタッフが担当

オーダーメードシャツの生地選びからフィッティングまで、スタッフがお客様の専任として担当します。ご用意するシャツ生地は高番手のしなやかなコットンを中心に約500種類。シャツの最高峰といわれる「トーマス・メイソン」や美しい白に定評のある「アルモ」など、選りすぐったメーカーの高級生地が並びます。体形に合うシャツを作るための採寸は、首周りや上胴、下胴、カフス丈など17ヵ所。サイズを測りながらも、お客様のお好みやライフスタイルなどについてじっくりと会話を重ねながら、納得の一枚に仕上げていきます。それが和光でシャツをお誂えいただく一番の魅力。

コミュニケーションを深め、細やかにフォローアップ

17ヵ所のサイズを測るのが和光の基本ですが、水準器を使用するのが和光ならではのこだわり。この水準器を水平に当てることで肩の角度を正確に測定でき、なで肩やいかり肩といった身体の特徴を捉え、快適な着心地を目指しています。コミュニケーションを通して、数字だけではわからない体形の微妙なニュアンスを読み取ることも大事なポイント。同じサイズでも、裁断から縫製に至るまで手作業で行うことで細部にわたる調整が叶います。

縫製についても妥協はありません。前立てや見頃の柄合わせはもちろん、ポケットなどの細部まできれいに柄がつながるように仕立てます。袖口にボタンとカフリンクスを併用する場合、ボタンを表から見えないカフスの内側に付ける“和光式”とも呼ばれるスマートな仕様も特徴です。

細やかなやりとりを通して最高の1枚が完成

ビジネスやカジュアルの装いに欠かせないシャツ。お一人お一人のお好みやときどきの流行によってもディテールが異なります。たとえば腕時計とのコーディネートについてもお尋ねをします。「時計を袖口からお見せしましょうか?」「カフスのゆとりはどれぐらいもたせましょうか?」といった聞き取りが、細部までご満足いただける仕上がりに繋がるからです。会話で得たさまざまなご希望も叶えつつ、どんなシーンでも紳士の品格を演出する着こなしをご提案するのが、和光のオーダーメードシャツです。そのこだわりや手間に比して¥22,000~とリーズナブルなので、驚かれることもしばしば。和光なら、いつどこでどなたと会っても褒められるシャツが手に入れられます。ご自身のおしゃれにフィットする納得の一枚をコミュニケーションと共に作り上げる楽しみを、オーダーメードシャツでぜひ体験してください。

WAKO LADIES’

タイムレスに使える本物、
和光のバッグ
“サック ドゥ タン”

和光にしか作れない一生もののバッグ──それが、和光を代表するワンハンドルバッグ“Sac de Temps”(サック ドゥ タン)です。フランス語で“時のバッグ”と命名されたこのアイコンバッグは、和光と時計の長きに渡る親密な関係性をデザインに表現しています。

和光が考える一生もののバッグ

“サック ドゥ タン”は「これからの時代、女性たちに持ってもらいたいタイムレスなバッグを構想する」というプロジェクトのもとに誕生したハンドバッグです。トレンドに左右されないシンプルなデザインを、という思いからワンハンドルタイプに。手にちょうどよく収まるワンハンドルは凛として麗しく、エレガントな趣です。加えてストラップショルダーを付けることで、使い勝手の良さも高めました。機能面を考慮しつつ、無駄を極限まで削ぎ落としたデザインなので、どんなテイストの服とも好相性。あらたまった席にもふさわしいきちんと感もあり、どなたからも好印象をもっていただけます。そして何よりもこだわったのは、アイデンティティである時計のモチーフを金具にあしらったこと。これ見よがしにではなく、和光の代名詞でもある時計から着想したモチーフをさりげなく効かせることで、和光にしか作れない一生もののバッグが誕生したのです。

01一生ものバッグに宿した“和光印”

“サック ドゥ タン”を最も印象づけているのが前面にあしらったオリジナルの金具です。これは、前身である服部時計店から受け継いだ和光のDNAである時計のイメージを盛り込んだ意匠。自動巻式時計の動力源であるローターをモチーフにしたデザインが、和光と時計の歴史をシンボリックに物語っています。半月型の波打ったゴールドのパーツを、目に留まりやすいかぶせのところに取り付けることでアクセントにもなっています。でも、そもそもしなやかなレザーにゴツゴツとした金具はそぐわないもの。何度も何度も試作を重ねてバランスの良い大きさを見出し、上品な光沢が出るように磨き上げ、和光だけの一生ものバッグに仕上げました。

02使うたび愛着が増す仕掛けにも注目

シックな色みのフラップを開けると、目に飛び込んでくるのが鮮やかなブルーの色。端正な佇まいのバッグですが、意外な内装が手にしたときの高揚感を誘う仕掛けがあるのです。
そもそも、日本の和装文化には羽裏に凝るという美学があります。このブルーの裏革は、目に見えないところをとびきりおしゃれに装う美意識とも通じるも。一見、一枚仕立てのレザーにも見えますが、表はシボのある牛革を使用し、裏地にはピッグスエードを貼り合わせているのです。しかも、異なる2枚の革をまるで一枚革のように仕立てられるのは日本の職人による高度な技があればこそ。定番のオークや黒など表は8色のバリエーションがありますが、すべてにこのブルーの裏革を採用。フラップを開けたときにだけ鮮やかなブルーがのぞくというサプライズ。使うたびに気分が高揚し、愛着が増していくこの仕掛けをお楽しみください。

RELATED POST

お買物トピックスを更新中

「和光×マウロ・ゴベルナ」限定モデルのすべて

「和光×マウロ・ゴベルナ」限定モデルのすべて

お客様からのリクエストを随所に反映させた、「マウロ・ゴベルナ」の和光限定バッグ。秋の新色から魅力のポイント解説まで一挙ご紹介。

BACK TO HOME
ページトップに戻る